読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

純喫茶パオーン

純喫茶パオーン

純喫茶パオーン

作家
椰月美智子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-08-07
ISBN
9784758413589
amazonで購入する

純喫茶パオーン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

もう装画からして優しい物語だろうなぁと思った私の期待通り。(ちょっと甘く緩いけれど)なんたっておじいちゃんおばあちゃんが良かった。こんな懐かしさを感じる喫茶店、近くにあったら嬉しいのに・・

2020/09/03

ウッディ

昔ながらの喫茶店を営む祖父母の手伝いをする孫の来人の小5、中1の大学生の時の物語。絶品のナポリタンと特製ミルクセーキを飲みながら、幼馴染との友情、淡い恋そして魔法の鏡やお化けも出てくるほんわかストーリー。今は少なくなってしまったレトロな純喫茶と友達とのバカな会話、権守さんへの恋心も含めてノスタルジックな気持ちにさせてくれます。のっぺらぼう騒動の真相や強盗事件の顛末など、少し強引な展開のような気もしましたが、色んな方言と猫語まで操るクセがスゴイおじいちゃんの存在が、細かいことは良いかと思えてしまいました。

2021/01/19

のぶ

街の片隅にある昭和レトロの純喫茶パオーンを舞台にした、三つの作品集。今時、こんな店は少なくなってしまったけれど、メニューもナポリタンやミルクセーキ等懐かしく、この店がとても気に入った。物語の中心は来人という少年。店を経営するのは来人の祖父母。それに圭一郎・琉生、ゆりちゃんという仲良しが絡む。三編が小五、中一、大学一年という年代別になっている構成も面白い。そこで織りなす人間模様でいろいろな事が起きて楽しい。起こる事件は殺伐としたものもあるが、軽めのトーンなので深刻さはない。続きを期待させる一冊だった。

2020/08/29

fwhd8325

この間読んだアンソロジー「きみは嘘つき」に掲載されていた「純喫茶パオーン」が「ライヤーミラー」に改題しています。他2作は未読。舞台は純喫茶パオーン。ほのぼのとした家族小説のような味わいです。

2020/10/26

みっちゃん

洒落たカフェなんかじゃありません。ここは純喫茶、その名もパオーン。看板メニューはおばあちゃん特製のナポリタンとファンキーなおじいちゃんが作るミルクセーキ。今すぐ食べに行こう!そんな気分になるくらい美味しそうに描かれている。お店を手伝う孫の来人は学校では目立たない存在だが、その観察眼は中々のものだ。彼を取り巻く友達、仄かな恋心を抱く女の子、家族、その日常では重大な事件も、勿論人が死ぬことも起きないが、優しくほっこりした気持ちが胸中に満ちるのを感じる。嫌な事、嫌な人の出てこない、こんな本もたまにはいいもんだ。

2020/10/27

感想・レビューをもっと見る