読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

我々は、みな孤独である

我々は、みな孤独である

我々は、みな孤独である

作家
貴志祐介
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-09-15
ISBN
9784758413619
amazonで購入する

「我々は、みな孤独である」のおすすめレビュー

貴志祐介が描く「世にも奇妙な物語」——鬼才の死生観が現れ出た7年ぶりの長篇作!

『我々は、みな孤独である』(貴志祐介/角川春樹事務所)

 あなたは、前世の存在を信じているだろうか。もしかしたら、身近な人を亡くした経験や自分の命が残りわずかだと悟った人は、来世の存在を信じたいと思うと同時に、前世の存在も信じようと思うのかもしれない。死んだらどうなるのかなど、誰にも分からない。本当に輪廻転生があるのかも分からない。もし本当に前世や来世なるものが存在するとしたらどうだろうか。私たちは一体何者で、どんな運命を抱えているのだろうか。

『我々は、みな孤独である』(角川春樹事務所)は、人々の前世の記憶に迫る衝撃作。『悪の教典』や『新世界より』、『黒い家』などの著作で知られる鬼才・貴志祐介の7年ぶりの長篇作品だ。この本を読んだ人はみな戸惑うに違いない。まずこの小説をどのジャンルに分類したら良いのか分からない。探偵が出てくる物語だから、ミステリーなのかと思いきや、暴力的なシーンはまさにハードボイルドであり、はたまた前世の記憶を中心に据えているから、オカルト的でもあるし、SF的ともいえるし、同時に哲学的でもある。この作品を読めば読むほど、読者はめま…

2020/10/9

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

我々は、みな孤独である / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

前世とか輪廻転生とか信じていないわけじゃない。なのにどうしても物語に入って行けなかった。私の読解力の無さ故だろう。やっぱり貴志さんとは相性が合わないのかもしれない。仕方ない、そんな事もあるさ。きっと私だけなのだろう。読書あるある?ごめんね貴志さん。

2020/09/30

みっちゃん

ロマン溢るるラスト2行。が、それを読む私は白眼を剥いていたかもしれない。探偵のもとに持ち込まれた「前世で自分を殺した犯人を捜してほしい」という案件。何故かその前世の記憶が複数の人間に共有されていく。これは!大好物のホラーミステリーではないか。期待を持って頁を捲ったが、その真相に。私は全くついていけなかった。ぽかーん。完全にお手上げ。自分の読解力の無さが哀しい。頭に残るのはメキシコマフィアやサイコパスのあまりにも残忍な拷問シーンだけ。久しぶりの貴志作品、楽しみにしていたんだけどな…

2021/02/01

のぶ

貴志さんの新刊は欠かさず読んでいるが、本作については面白くなかった。冒頭に、探偵の茶畑徹朗のもとに前世で自分を殺した犯人を捜してほしい、という不可思議な依頼が持ち込まれる。こんな仕事を請けてしまうこと自体が不自然ですね。その後の展開は、ミステリー、SF、夢、輪廻転生、ホラー等、いろいろな要素が、ランダムに出てきて、何だか訳が分からなくなってきた。作品の評価としては辛口ですが、読んでいる最中は退屈する事なく一気に読めてしまった。ディテールは良くできているのです。風呂敷をたたみ損ねた本だと思った。

2020/10/11

あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...

ほんと久しぶりの貴志作品。ちょっとコミカルな登場人物、ドキりとするような残虐シーン、かと思えば輪廻転生といった永遠とも言える宇宙観までもが渾然一体となってぎゅっと詰まった作品。貴志さんの書く作品だけに読んでいて面白くなくはないんだけど、さすがにちょっと、とっちらかしすぎ?あるいは、同氏の思考にただ自分がついていけず、整理できていないだけなのかもしれないけど…初期の作品の世界観を知っているだけに、もっとストレートに楽しめるものでもよかったのかも(  ̄▽ ̄)

2021/03/03

うののささら

前世の記憶の話にいつもの殺戮の話からめてきたな。誰にも経験のある前世の幻影。こころの奥底に秘めた懐かしく思える記憶のシーン。前世の出来事が今世に影響与えてるように思えてならない事。誰にもわからないことだから、何言っても勝手だし、みんな興味あることだから小説にはなりやすいな。心の奥底で何かが警告をならす、この世の凝視してはならない領域。人は分を守って生活しないと怖いね。

2020/11/08

感想・レビューをもっと見る