読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

存在しない時間の中で

存在しない時間の中で

存在しない時間の中で

作家
山田宗樹
出版社
角川春樹事務所
発売日
2021-08-10
ISBN
9784758413909
amazonで購入する Kindle版を購入する

存在しない時間の中で / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

最近はすっかりSFが板についた感のある山田さんの新作は適度なページ数で濃密な作品に仕上がっていた。数学や物理の話はガチガチ文系人間の私には判ったような判らなかったような曖昧な読解だったが「この世界は、そういうものかも知れない」と思わされてしまうストーリー展開が新鮮で楽しかった。そして、SFは突き詰めると哲学にも通ずるものだと感じた。傑作『百年法』ほどの重厚な人間ドラマは描かれていなかったが、今を生きる事の意味を考えつつ、空想の世界へ想いを馳せる時間を持てて「良い読書だった」と素直に言える。次作も楽しみ🎵

2021/10/14

とん大西

予想外にサクサク読めて面白い…が、このテーマならもっと風呂敷を広げた方が骨太感が出たかも。物理学にせよ数学にせよ、突き詰めればその延長線上に存在するのは〈神〉ということになるのでしょうか。それとも人智を超えた存在としてとらえるものでしょうか。突然、人類に突きつけられたメッセージ。クラウス実験を契機に露となってしまった〈宇宙〉、ひいては人類そのものの存在意義。そのあたりは王道のSFである。と、同時に哲学の群像劇ともいえるか。宇宙の謎に挑む-読み終えたらタイトルと表紙のイラストに『なるほどね』としっくり。

2021/09/07

うののささら

宇宙を設計した何者かが人類に交信をしてきた。10次元の世界がどんな物理法則で成り立っているか、彼らが伝えてきた内容を正確に理解できてるか誰もわからない。物理学者は数学的に解析できなければ物理現象を理解したといえない。数式が新たな数式を導き思いもよらない秘密を暴く。底知れぬ数理の流れ数学の概念を超えたものをフレームワークに押し込め謎にせまる。難しくてよくわからないな。科学的に説明する理論がないのは神の領域なのかな。また我思うゆえにわれあり的なすべては夢かも知れない哲学的な話になっていき面白かったです。

2021/09/30

あっちゃん

コレは私には難し過ぎた(笑)数学、物理学と神、真逆なようでいて、この本を読むと何故か同列に並べてもおかしくない感じになってしまう!なかなか、不思議な読後感に( ̄▽ ̄)

2021/10/12

Gemi

有名な著作といえば「嫌われ松子の一生」や「百年法」などか。後者を読んでディストピア感にハマった記憶。最近の著作をあまり読んでいなかったがなんとなく地球崩壊や世界が終わる系の物語が多い気がする。これもその手の物語だった。俗にいう「神」の存在を認識してしまうことが起きた世界。その中で今の世の中は単なる高次元世界の住人の実験の副産物であったとされた人間。10年後にこの世界を消します。あなた方が存在するに足る生物ならば消えません。後日談、読者も関係者の1人に据えてくる。理解が難しいところもあるが面白かった。

2021/10/15

感想・レビューをもっと見る