読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新 風の大陸 (ハルキ文庫)

新 風の大陸 (ハルキ文庫)

新 風の大陸 (ハルキ文庫)

作家
竹河聖
いのまたむつみ
出版社
角川春樹事務所
発売日
2010-11-01
ISBN
9784758435031
amazonで購入する

新 風の大陸 (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

珂音

風の大陸から数百年後の世界です。良いとこのぼっちゃん風戦士とベテラン戦士が分け有りの少年をとある山までお届けする旅の物語らしい、今のところ(笑)もう少しつっこんだ感想はコメント欄で

2010/12/02

うおっ完結してないよ!?巻数表記ないから一冊完結かと思ったのに…大元の風大をタイムリーに読み進めてきた昔を懐かしく思い手にとってみましたが、「新」と付いてるわけだから当然、ティーエもラクシもいない100年後の世界。見覚えのある固有名詞が出てくるとちょっと嬉しい。それがソグドム教であろうとも^^;導入の「~全土は麻のように乱れた。」が無いのは寂しい。何はともあれ国絡みのお家騒動に巻き込まれた主役2人+αの逃避行はまだまだ続く。自分たちの目的も道半ばなのにどうなっちゃうのかな?続巻を探さねば!

2015/11/20

violetta(不定期出没)

てっきりカルナーの再開かと思ったら違ってた。新シリーズなんだけど、不思議なえにしで結びつけられた三人組が事件に巻き込まれていくっていう作りなのは同じ。今回は少年、青年、壮年三人組。もう前作を好きだった頃から時間が経って自分が変わってしまっているから楽しめなかったらどうしようと思ったんだけど、絵巻物みたいな綺麗な世界を楽しめた。私は、やっぱり竹河作品の登場人物の、弱い者へのやさしさやまっとうな感覚(人が傷ついたら哀しいとか)が好きだな。

2010/12/08

お~い

風大だーって感じですね。読みだして、あの世界観を感じてしまった。読んでいて安心した感じです。けど、てっきりあの大陸は沈んだものと思っていましたが。次の巻が楽しみです。あの登場人物の血縁と思ってしまうのはひねくれた読み方でしょうか?

2016/04/14

春祭

あれから数百年後、という新風の大陸。さくっと読めます。そして買ったとき1とついてなかったからこれ1冊で終わると勝手に思い込んでて、あまりの伏線らしきものやイベントにこれで終わるの?!と思いきややはり…(^_^;)すぐに2巻買いに行きます!前回の風の大陸、実は途中の部分をちらっとしか読んでいないのでちょっと惜しいことをしたと思いました。読んでなくても楽しめる内容ですがやっぱり気になりますよ!というわけで、最近売ってないので図書館に通い込みになりそうです。

2011/05/07

感想・レビューをもっと見る