読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)

心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)

心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)

作家
高田郁
出版社
角川春樹事務所
発売日
2011-08-10
ISBN
9784758435840
amazonで購入する

心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

みをつくし料理帳シリーズ第六弾。物語が大きな転機を迎えます。様々な人々の思惑や、火の取扱いが制限されても前向きな屈しない努力で乗り越える澪達が素晴らしい。襖越しに言葉を交わす澪と野江。注目の場面は多数ですが、やはり本巻は最終章の「心星ひとつ」でしょう。小松原もとい小野寺の妹、早帆の尽力で澪と小野寺の縁組が進む。早帆と里津のもとから飛び出してしまう澪。小野寺の言葉で一度は心を決めた澪だが、最後に自分の心星を見つける。これからの展開が気になりすぎる。里津の余命も長くはない。源斉先生の気持ち。次巻を読まねば。

2016/06/04

kishikan

起承転結の「転」にあたるのでしょうか、6巻めにしてこれまでの重い問題が、一気に澪に降りかかります。幼なじみ野江さんの見受け、世話になった天満一兆庵の再興、小松原との恋、「つる屋」で客の顔の見える料理をつくり続ける澪が、どれかを選ばねばならず苦悩する姿に、皆がやきもきするでしょう。小松原の「ともに生きるならば、下がり眉が良い」という言葉には男の僕でさえぐっときましたが、そのあとはちょっと見えていた展開だったかな・・。でも料理人澪は、迷うことない道しるべとなる「心星」をきっと見つけるのでしょう。結末や如何に?

2012/02/08

hiro

みをつくし料理帖シリーズの第6弾。最近種市の「こいつぁいけねぇ。」があまり出なくなり、澪が「つる家」の新しい料理を考えるよりも、「天満一兆庵」を再建できるか、野江を身請けできるか、また小松原と結ばれるかと、「つる家」から澪がどのように巣立っていくのかに物語の中心が移ったようだ。第5弾から出てきた小松原の妹早帆は、やはり二人の愛のキューピットだったが、一度決心した澪も料理を捨てて、簡単に小松原との恋に走れそうもない。でも当然、最後は「三方よし」のラストを作者は用意してるでしょうね。第7弾が待てねぇよぅ。

2011/09/24

Koning

もうさんざ、書かれている通り切なすぎる巻ですね。だってさーどっち選んでも切ないよ、これは。というか、結末もう決まってるらしいけど、どう考えてもこの方向に行ったらあれだろうし、うわぁぁん。って感じ?次の巻でどういう展開になるんだか、これはじれまくり。

2011/08/14

射手座の天使あきちゃん

友に誓った道があり、主家再興の道もある、思いもかけぬ後押しに奇跡と開ける道もある おのれ一人の幸せならば、おのずと道は定まるが、皆の気持ちを斟酌し「思案投首」下がり眉 選べる道がひとつなら、いつも変わらず中天に輝く標(しるべ)の心星を、手本に想い顧みて、変わらぬ心に従えと諭す源斉よい男  なんか「昼ドラ」風になってきましたねぇ(笑) <(^_^;

2011/10/06

感想・レビューをもっと見る