読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

剣客太平記 (ハルキ文庫 お 13-1 時代小説文庫)

剣客太平記 (ハルキ文庫 お 13-1 時代小説文庫)

剣客太平記 (ハルキ文庫 お 13-1 時代小説文庫)

作家
岡本さとる
出版社
角川春樹事務所
発売日
2011-09-15
ISBN
9784758435901
amazonで購入する Kindle版を購入する

剣客太平記 (ハルキ文庫 お 13-1 時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やま

剣客太平記1作目 2011.09発行。字の大きさは…小。 夫婦敵討ち、去り行く者、雨宿りの3話。 直心影流の剣客・峡竜蔵の痛快、人情時代劇です。 竜蔵は、直心影流の師から道場を与えられ、道場主となりますが弟子が1人しかいず経営が成り立ちません。そのため、町人の大喧嘩の仲裁で謝礼を貰って生活をしています。馬鹿をしていた頃の、妹のようなお才と、綾の2人の女性が花を添えています。 竜蔵の笑顔が人を引っ付け、人の心をなごませます。 そして、お金に拘らず、いつも貧乏ですが無頓着です。竜蔵の周りに人が集まって来ます。

2020/10/09

ベルるるる

シリーズの1作目で登場人物の紹介という感じだけど、それぞれのキャラがしっかりしているので、とても面白く感じた。続きが早く読みたい。

2019/02/09

とし

門弟はひとりも居ない道場主、武士ではあるが、豪快短気で喧嘩ぱやいが繊細で人情家、人としてはまだまだ未熟ではあるが峡竜蔵の心意気や真直ぐな心根に魅かれ人が集まり主人公が成長していく物語。同著の取次屋栄三とはまた違った展開で期待が大。

2013/09/25

ニッキー

岡本さとるが好きになり、新・剣客太平記を買ったのですが、旧作を買い直し読み始めました。 なかなか人物設定が良く、この作家の良さを引き出している。他のシリーズは読み終えているので、このシリーズで暫く楽しめそうです。

2018/11/25

ドナルド@灯れ松明の火

岡本さとる追っかけ第3弾。お夏シリーズと並行していく。 取次屋シリーズで栄三郎のキャラも良かったが、作者も少し変えていこうと思ってるんだな。このシリーズでは各話で剣を振るって人助けを行うことに徹している。取次屋栄三郎と一緒で周りにいい仲間が次々現れ楽しくなりそうだ。お薦め

2020/06/27

感想・レビューをもっと見る