読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新風の大陸 3 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

新風の大陸 3 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

新風の大陸 3 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

作家
竹河聖
いのまたむつみ
出版社
角川春樹事務所
発売日
2011-12-15
ISBN
9784758436014
amazonで購入する

新風の大陸 3 (角川春樹事務所 ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えみちゃん

アスレナの星神殿でクラコスト様がカヴィンタとル二ティの師となる。が、「ラテル山の方」に指導してもらうように薦める。その旅の途中でフィスを仲間に加える。追っ手が掛かり逃げる途中、マルキアはフィスを庇い倒れる。そして、フィスも父親の元に再会を願い戻る。その後は、順調に旅を続け、聖地ラテル山にたどり着く。そこは、ケントウリ族の住まう山だった。目的地を目の前にして、追っ手に追いつかれる。そこで、二人を庇護してきたローエは、力尽き、ケントウリに二人を託す。「大陸の未来の鍵」を。保護者を失った二人、心細いだろうな

2012/01/27

カヴィンダ、ルティ、ローエの3人はラテル山を目指し…

2016/08/15

kei

☆☆☆☆

2017/09/18

水月

ようやく読みましたが、重要キャラが次々と…‼︎カヴィンタ、ルティ、ローエは旧作のティーエ、ラクシ、ボイスに重ねていたのでローエが倒れたことは意外でしかありませんでした。もちろん、傭兵という職業柄、本人は常に覚悟していたことだとは思いますが、カヴィンタ・ルティにとっては辛すぎる…マルキラは「姫」としてでなく、「普通の女の子」としての一歩を踏み出そうと決意した矢先だったのに…ゼドゥーがちょっと怖かった…自分がしてしまったことを受け入れられず、他に責任転嫁したいって気持ちからだろうけど、話聞かなすぎだよ〜‼︎

2015/01/18

十六夜月の使者

大事なキャラクターが次々に・・・

2012/02/20

感想・レビューをもっと見る