読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くらまし屋稼業 (時代小説文庫)

くらまし屋稼業 (時代小説文庫)

くらまし屋稼業 (時代小説文庫)

作家
今村翔吾
出版社
角川春樹事務所
発売日
2018-07-12
ISBN
9784758441803
amazonで購入する Kindle版を購入する

くらまし屋稼業 (時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

今、時代小説を書かせたら一番面白いのではないかと思わせる、勢いのある今村翔吾さんの新シリーズです。簡単に言えば夜逃げ屋本舗の時代劇版ですね。主人公の平九郞は謎に包まれ、敵の「虚」も謎のまま。そして、千羽一家がチラッと…。え、ぼろ鳶組とリンクしてくるのか…。伏線を多く残して、今作が終わりましたので、次作がすごく気になり、早く次作を読みたくなります。そして、平九郞の虜になること間違いないですね。ここに時代小説における新たなヒーローが間違いなく誕生したと思いました。

2018/08/01

しんたろー

『ぼろ鳶組』にハマったのに図書館待ちなので、他シリーズへ浮気…飴細工師で武術担当・平九郎、居酒屋看板娘で計画担当・七瀬、遊び人の美男子で変装担当・赤也の三人で訳アリの依頼者を逃亡させる「くらまし屋」…三人を始めとして登場人物たちは著者らしい色付けで魅力的、今回ゲスト主役のヤクザたちや終盤に登場した闇の組織の二人なども「役者が演じたくなるだろうなぁ」と思わせる曲者だらけ。『ぼろ鳶組』が陽のエンタメなら、本作は陰のエンタメで、スカッと熱い訳ではないが、テレビ『必殺仕事人』の匂いもあって、先々が楽しみな第1巻。

2019/09/17

海猫

裏稼業を描く時代小説はたくさんあれど、この「くらまし屋」という設定は絶妙。一種の逃し屋みたいなもので、チームを組み得意分野を生かしてプロフェッショナルに行動する。このあたりの呼吸が、ケイパーものの犯罪小説や映画に近い面白さ。事態も急変して窮地に陥るのでハラハラするが、予想を超える手口で脱したりするのが痛快。人物の謎や展開の引きがあって続刊をすでに読みたくなる。テーマに池波正太郎的なものを感じはしたけれども、作風はやはり違う。より軽妙で現代的なもののように思う。来月で次巻刊行なのが有り難く、嬉しい。

2018/07/18

修一郎

めでたく「ぼろ鳶」を完了できたので念願の「くらまし屋」始めました。こちらの面々も強烈キャラだ。融通無碍な剣の遣い手の流儀は井蛙流だって。。江戸版「夜逃げ屋本舗」だと思うと堤平九郎は中村雅俊さんのイメージだけど自分としては平岡円史郎こと堤真一さんのイメージで行きます。ワルをやっつける剣劇シーン多め。毎度こんな闇の殺し屋集団みたいになっちゃうとそれは「必殺仕事人」になってしまうのでここはもっとくらましテクニックを駆使するプロの逃がし屋の方でたっぷりお願いしたい。次はもっと面白いという噂だ。早速2作目へ。

2021/06/03

みどり虫🌻ちょっと忙しくて、ちょっとお休み

源吾さま、貴方は深雪さんという人がいながら、私のことも離したくはないという狡いお方…。けれど私もこの江戸で、貴方以外に気になる人ができました。火消しなどという危ない仕事ではなく、飴細工の職人です、たぶん…。はきとはわからないのですが、その方にも心に秘めた女のひとがいるようです。それでも私は、これから時折その方の元へ行ってしまうかも…。でも、源吾さまを忘れることもできないと思います…。馬鹿な女だとお笑いください。でも、喜八よりは馬鹿ではないような気も…。喜八というのはね…、それは次にお会いした時にでも…ね。

2020/02/19

感想・レビューをもっと見る