読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

春はまだか くらまし屋稼業 (時代小説文庫)

春はまだか くらまし屋稼業 (時代小説文庫)

春はまだか くらまし屋稼業 (時代小説文庫)

作家
今村翔吾
出版社
角川春樹事務所
発売日
2018-08-09
ISBN
9784758441896
amazonで購入する Kindle版を購入する

春はまだか くらまし屋稼業 (時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

シリーズ第2弾!前作の伏線を回収していくのかと思いきや伏線はそのままにという感じ。今回も、くらましをするわけですが、まさかの掟破りで平九郞だけが挑む。それでも、くらまし屋の仲間の絆は深く繋がっていて、熱い心を見せつけられました。掟を破ってまでも救いたい気持ち!平九郞の熱さに魅了され、剣での立ち回りは迫力満点。まだ平九郞にはどんな過去があるかわかりませんし、新たな敵も出てきたし、次作も楽しみになりました。

2018/08/21

海猫

前作がフォーマットを作り込んだ仕上がりだったから、今作もそれに則って展開する。そう思い込んで読んでたら、意外や意外。まずは依頼人とくらまし屋が、面通しすらできない。ひたすら依頼人が窮地なままなのがヤキモキするし、サスペンスフル。また今回はチームとしてくらまし屋一味がなかなか稼働しなかったり、自らの掟と葛藤するなど、予想外のお話になっていく。シチュエーション作りが上手いので、展開がどんどん転がり読ませる。外したように見せながら押さえるとこは押さえるので、今回も痛快。ちょっと一癖あるシリーズになっていきそう。

2018/08/20

しんたろー

第2巻はくらまし屋チームに亀裂が入る不穏なスタートで、惹き込む展開が巧い。『ぼろ鳶組』みたいな派手さや多くの登場人物による賑わいはないが、主人公・平九郎の心情&行動を追って描かれているので、判り易くストレートに読める。小出しに平九郎たちの過去&事情が明かされて、次巻への引っ張りにしているのもニクイ。炙り屋・迅十郎という強力なライバルと新キャラクター・風太が物語に色濃く絡んで、本作のゲスト主役・お春と共にシリーズに加わったのも嬉しい。情と剣がバランス良く配置されてエンタメ時代劇の見本のように育ってると思う。

2019/09/30

いつでも母さん

シリーズの2巻目。序章と終章が好い。『くらまし屋』の掟を破っても救ってやりたい者がいる。汲んでやりたい思いがある。風太と賢いお春も仲間になってこの先が益々楽しみになってきた。『炙り屋』・迅十郎もきっと永遠のライバルであって、どこかで分かり合える・・そんな間柄になってくれると嬉しいな。

2018/08/18

chiru

『消えたい』を叶える江戸のヒーロー、くらまし屋第2弾。今回は、奉公人の少女お春の切なる願いを叶えるため、自ら定めた掟を破った平九郎。その背信によって三人の間には、かすかな亀裂が…。風太という助っ人の手を借り、三人の絆をさらに固めたくらまし屋の手で、土蔵に監禁されたお春を病気の母親の元へ…。助けたいという強い思いがあり、アイデアがあり、行動力があれば、道は必ず拓けるはず。平九郎が禁を犯してまでお春を助けたように、人々が互いを思いあう優しさが奇跡を起こす、感動の物語でした! ★5

2020/04/19

感想・レビューをもっと見る