読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

深呼吸の必要 (ハルキ文庫)

深呼吸の必要 (ハルキ文庫)

深呼吸の必要 (ハルキ文庫)

作家
長田弘
出版社
角川春樹事務所
発売日
2018-10-11
ISBN
9784758442046
amazonで購入する

深呼吸の必要 (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とよぽん

長田さんの詩から投げかけられる言葉には、不思議な力がある。長田さんの詩の言葉を、素直に全幅の信頼を寄せて受け止めることができるのだ。「路地」「海辺」「原っぱ」「影法師」が、特に印象に残った。深呼吸、しよう。

2018/11/27

たかやん

ーきみはいつ大人になったのだろうー目先ばかりを常に追いかける走り方をしていると、自分がどんな道を走ってきたのかまるで思い出せなくなる。長田さんの視線の先にあるのは、忙しいときほど見逃しがちなモノたち。子どもの頃に遭遇したはずの切り取られた場面場面を、自分自身に重ねながらつい考え込んでしまいます。すっかり分厚くなってしまったカサブタを剥がすようにして。深呼吸の必要。いつのまにか呼吸が浅くなっていたのかもしれません。

2018/11/16

くろうさぎ

自分が子どもから大人になった境界線はいつだろう?読み進めるうちに忘れていた「あのときかもしれない」を思い出す…。忙しい、と勝手に決めつけている毎日の中で、ゆっくりと深呼吸する時間を持とう…と強く思います。今のこの瞬間を大切に…。「おおきな木」、「路地」、「散歩」「友人」「原っぱ」「団栗」、「隠れんぼう」が好きでした。

2019/01/06

Tenouji

子供と大人の境界。ドキリとさせられる人生の本質的な問題であるが、言葉の距離感に時代を感じる(測度の問題)。

2018/11/04

マツユキ

同題の映画が公開された時に一度読んだんですが、文庫で改めて。『あのときかもしれない』と、『大きな木』の二章三十三篇からなる詩集。読んでいて思ったのは、自分、息苦しかったんだな。振り向いて。立ち止まって。深呼吸の必要。なるほど。子供には戻れませんが、子供の頃のきらめきは、今でもあある。再読できて、良かったです。

2018/10/22

感想・レビューをもっと見る