読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

酒の神さま バー・リバーサイド(3)

酒の神さま バー・リバーサイド(3)

酒の神さま バー・リバーサイド(3)

作家
吉村喜彦
出版社
角川春樹事務所
発売日
2018-10-11
ISBN
9784758442084
amazonで購入する Kindle版を購入する

酒の神さま バー・リバーサイド(3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

シリーズ第3弾!バー・リバーサイドに行きたくなる気持ちがさらに強くなりましたね。ひとりで行って、常連さんと楽しい会話とマスターの美味しい酒で楽しみたいですね。もちろん琉平の料理も食べたいなあ。ただ琉平が軽口を叩いてたら、ちょっと怒るかも…(笑)個人的には『オクトパス・クリスマス』が好きで、モレッティがすごく飲みたくなりました。馴染みのイタリア料理屋さんに置いてあるから、吞みに行きたくなりました。シリーズ3作目にして、最高傑作かな。とにかくお酒が飲みたくなります。

2018/12/10

KAZOO

このシリーズ3作目です。やはり5つのお話がおさめられています。サラリーマンとしてのやりきれなさ(女性タクシードライバーの話)などもあったりして喜怒哀楽さまざまです。カラスの話もあったりあるいはイタリア人との出会いによって父親の喪失感を埋めてくれるイタリアのたこの料理など、お酒もさることながら料理もおいしそうです。

2019/03/26

あすなろ

バーは時間の旅。チョット羽を休める止まり木。今回もいいなぁ。特に最初のサザンバードが好きでした。女性タクシードライバーのお話。このコロナ禍、行けていないバーへの募る想いの代わりに三巻目読了です。最後に。孤独を愛する人には、ウイスキーがそっと寄り添ってくれるんですよ、という台湾の美女整体師の周先生の言葉に乾杯。

2020/08/30

ポチ

美味しい料理にピタッと合う、旨い酒を出してくれるバー・リバーサイド。マスターと琉平と会話を楽しむのもいい、1人で静かに過ごすのもまたいい。行きたいなぁ。

2019/03/09

たんぽぽ

相変わらず美味しそうな料理とお酒のマリアージュ。川の流れの見えるバーに集う人々のちょっといい話。 ウチナーンチュの林哲オジイが素敵だ。 娘が亡くなった父を想うシーンは私の弱点で思わずポロリ。

2019/01/30

感想・レビューをもっと見る