読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

真夏の焼きそば 食堂のおばちゃん(5) (ハルキ文庫)

真夏の焼きそば 食堂のおばちゃん(5) (ハルキ文庫)

真夏の焼きそば 食堂のおばちゃん(5) (ハルキ文庫)

作家
山口恵以子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2019-01-11
ISBN
9784758442282
amazonで購入する

真夏の焼きそば 食堂のおばちゃん(5) (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

万里の料理を通して成長する姿は、読んでて心地よいですね。康平さんの酒のチョイスもいい。而今が出てくるとは!飲みたいなあ。自分が飲んだ日本酒が出てくると、ついニヤッとしちゃいますね。時代の波に逆らわず、柔軟に対応する『はじめ食堂』は閉店してほしくないですね。それにしても今作はレシピを見て作りたい料理がいっぱいありました。

2019/02/04

ゆのん

【食堂のおばちゃんシリーズ5作目】今回も美味しそうなメニュー盛り沢山。新たなお客さんも増えてきて今後が楽しみなシリーズ。ちょっとサスペンス的な話や、国際色豊かな話、シリーズ2作目にかかってくる話などなど。万里の将来も楽しみだ。33

2019/01/27

KAZOO

山口さんの「食堂のおばちゃん」シリーズ5作目です。5つの話が入っていますが、物語としては若干結末が尻切れトンボみたいな感じがするものがあります。ただ私はここに出てくる食べものやそのレシピをいつも感心して読むのを止められません。世の中の流れに適応してワンコインメニューやおにぎりも登場します。ここの主人公3人の性格や常連のお客さんもみないい人たちばかりです。

2019/02/11

mura_わくわく

真夏の焼きそば含む、短編5編。流れるように読むことできた。季節は真夏から晩秋へ。はじめ食堂、美味しい食事、夜はお酒と肴。「匂いが鼻腔をくすぐる」。作家・イラストレーターなど有名人が来る(実在でない)。焼きそば好きで手に取った。メューが多すぎて目移り、さりげなく各編の酒屋康平の薦める日本酒に注目、楽しみでした。「過ぎし日のかぶら蒸し」は涙系。カレー豆腐作りたいし、タンポポオムライス食べてみたい。巻末レシピと食堂のおばちゃんのワンポイントアドバイス。読友さんのレビューで手に取った。

2020/03/31

夏祭りの屋台の焼きそばはなぜ美味しいんだろう? たくさんのキャベツやお肉がたっぷりというわけではないのに、と思いながら読み始めて一気に読了。万里君がどんどんどんどんパワーアップして、はじめ食堂のぶっとい屋台骨になっている様子がなんとも頼もしい反面、いつか彼が独立して抜けていってしまうんじゃないかと、つい取り越し苦労をしてしまう。一子おばあちゃんがいつまでも元気で二三と万里3人で、常連さん達と食堂にやって来る人達に美味しい幸せを提供し続けてくれます様にと思いながらページを閉じた。

2019/04/09

感想・レビューをもっと見る