読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

街角小走り日記 (ハルキ文庫)

街角小走り日記 (ハルキ文庫)

街角小走り日記 (ハルキ文庫)

作家
群ようこ
出版社
角川春樹事務所
発売日
2019-06-12
ISBN
9784758442688
amazonで購入する

街角小走り日記 (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

bluelotus

★★★☆☆ 昔のエッセイも毒づいてはいるもののフォローや笑いもあるので安心して楽しめる感じだった。

2019/07/18

あきむら

群さん30代のエッセイ、本当に息の長い作家さんだなぁと感心しました。

2019/08/19

だぶりん

なんと群さんが30代のころのエッセイ。なんで今頃と思わないでもないが。道理で母親との関係もまだ普通なわけだ。これを読むと群さんも丸くなったのねと思ってしまうほど結構好戦的な感じでへえ~と思った。

2019/12/07

muscat

もっとクスッと笑えたりするかなと思っていたけど、あまり笑えなかった。そういう変な人いるよね→そういう変な人が多いと感じる世の中だからかも。自分も端から見たら変な人なのかもしれないけど…(笑)自分が苦手だなと感じた人には関わらないが吉。

2019/11/22

Ryoko

群さんの1991年のエッセイ。あとがきに群さん本人が書いてるように、最近のエッセイを思い浮かべても群さんの本質は変わってないと思う。理不尽な事に腹を立てたり、ちょっと面白い行動をしたり。時々プッと笑えちゃうエッセイでした。

2019/10/15

感想・レビューをもっと見る