読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あの日の親子丼 食堂のおばちゃん(6) (ハルキ文庫)

あの日の親子丼 食堂のおばちゃん(6) (ハルキ文庫)

あの日の親子丼 食堂のおばちゃん(6) (ハルキ文庫)

作家
山口恵以子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2019-07-13
ISBN
9784758442787
amazonで購入する

あの日の親子丼 食堂のおばちゃん(6) (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

料理はあいかわらず美味しそう。料理に合う日本酒を選ぶ、康平さんのセンスがすごい。今回、登場した日本酒は飲んだことある日本酒ばかりで、ついついにやけて読んじゃいました。ちょっとした事件が、常連客が救ってくれる。はじめ食堂と常連客の絆の深さを感じました。自分も、はじめ食堂の常連客になりたいな。今回も食べたい料理とお酒がいっぱい。いつか、はじめ食堂の常連客になることを夢見て、はじめ食堂にいっぱい幸があってほしいですね。

2019/07/30

KAZOO

山口さんの「食堂のおばちゃん」シリーズ第6作目です。いつもおいしそうなレシピと下町の人情あふれる人間関係に感激させてくれます。今回もこの食堂の料理人を引き抜く話や月島でバーを出している人と同じくパン屋をやっている姉妹の話など楽しめます。この食堂では出していない「鯖サンド」が気になって自分でも作ってみようと思っています。サバの文化干しとバゲットと玉ねぎ、トマトだけでおいしそうです。

2019/07/31

タイ子

シリーズ第6弾。万里君がどんどん腕を磨くものだから、とうとうヘッドハンターまで登場。万里君の将来をかけて美人で男前の引き抜きがきた。さぁ、どうする万里君。かと思いきや、またもやネットではじめ食堂の悪口が投稿され…。新しいパン屋さんのコッペパン、カウンターバーの訳ありマスターも登場で今回もいろいろあります。二三さん曰く「出会いと別れを積み重ねて人は生きていく。老いるとはその感慨が深まることだ」今回も美味しい料理と人情溢れる物語を堪能。そういえば親子丼って最近食べてないなぁ。

2019/08/13

紫 綺

シリーズ第6弾。バンバン新メニューが飛び出して少々マンネリ化してきたな、と思ったら初心へ立ち返るなんてことで昔の人気メニューやド定番メニューを出してくる。エピソードも含め、緩急があって楽しい♪

2019/10/01

みかん🍊

はじめ食堂に新しい常連さん、新しいメニューも増えて、これからもシリーズは続いていきそう、それにしてもSNSでの中傷は酷い、あることないこと投稿されてそれを信じてしまう人もる、SNSのレビューばかり信用しないで自分の目や感覚でちゃんと見ないと惑わられてしまう。

2019/09/13

感想・レビューをもっと見る