読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺人都市川崎 (ハルキ文庫 う 10-1)

殺人都市川崎 (ハルキ文庫 う 10-1)

殺人都市川崎 (ハルキ文庫 う 10-1)

作家
浦賀和宏
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-05-15
ISBN
9784758443371
amazonで購入する Kindle版を購入する

殺人都市川崎 (ハルキ文庫 う 10-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶち

川崎市に在住していた著者が、南北に長い川崎市の行政区毎の"イメージ"の違いを基に、それを極端に強調した舞台設定のエンターテイメント作品です。この強調されたイメージが一種の臨場感を醸し出しています。"治安の非常に悪い川崎大師地区"と"ハイソな武蔵小杉"という対比は、スプラッターな描写の連続殺人事件にホラー感をもたらしています。この連続殺人はどこまで続くのかと思い始めた頃、少しづつ話の筋に違和感を感じます。そして、驚愕の大ドンデン返しが待っているのです。"そうきたか"と唖然としちゃいました。

2020/06/02

ジンベエ親分

41歳という若さで亡くなった著者の遺作となった作品。決して好きな作家というわけではなかったが、その唯一無二と言って良い作風はいなくなると寂しい。伝説の殺人鬼に彼女と両親を殺された赤星と、武蔵小杉に引っ越した赤星の元彼女の愛、2人の視点から交互に語られながら進む話なのだが、ここは浦賀流、開いた口が塞がらない、目が点になるアクロバティックな着地をキメる(笑) 何度か読み返さないと飲み込めないし、飲み込んだところで開いた口が塞がるわけでもないけど(笑) あ~こうしてみると、やはり惜しい人を失ったのだな。

2020/05/15

菜穂子

川崎と武蔵小杉の町を対比させ川崎のイメージをここまで貶めなくてもと思い些かうんざり。ケータイを持たない中3はいつの時代だろう。殺人事件が次々に起きて凄惨極まりないのに騒然としていないと感じるのはどうして?それらの違和感は中学生だからなのかと納得しようとしたところでこれはミステリーなのだとやっと気がつく。ちょっと遅かった!

2020/06/20

雪紫

浦賀さん最期の作品にして初期浦賀さんのカラーが良く出た話。殺人鬼に狙われたせいでの孤立、引っ越ししたことによる罪悪感など息が詰まる閉塞感などをぶっ飛ばす・・・ほどではないけど、襲って来る殺人鬼がやばい。犯沢さんの米花町でもこうはならんだろ、と思ってたら・・・うん、解説の千街さんの言う通り目が点になったわ。色々疑いながら読んでたけど・・・これ見破ること、無理。解説と帯のみなさんの言葉が的確過ぎる。浦賀さんのご冥福をお祈りします。貴方は本当に失うには惜しい作家でした。

2020/05/15

けそけそ

「川崎」が生んだ殺人鬼の事件に二方から迫る男女の話 ⭐︎2 急逝された作者の最後の作品 以前に住んでいた川崎なので購入 内容は、殺人鬼に追われる話と一家殺人事件を追う話のパラレル 川崎出身の作者の「翔んで埼玉」的な愛ある川崎ディス連発。「最底辺の地」「住民はほとんど高校中退」「成功者は川崎から逃げて行く」笑

2020/08/26

感想・レビューをもっと見る