読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大江戸少女カゲキ団(二) (ハルキ文庫 な 10-12)

大江戸少女カゲキ団(二) (ハルキ文庫 な 10-12)

大江戸少女カゲキ団(二) (ハルキ文庫 な 10-12)

作家
中島要
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-05-15
ISBN
9784758443395
amazonで購入する

大江戸少女カゲキ団(二) (ハルキ文庫 な 10-12) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

何となく読了(>_<)ちと楽しめず…。ご落胤は必要かしら?

2020/07/02

たんぽぽ

シリーズ2作目。胸のすくような少女カゲキが見たいのに、実現までが遠い、遠い。 少女なんて、あれこれいじいじ悩むものだ!と承知してはいるのだけれど、ちょっと期待が外れちゃった。 次作に期待。

2020/06/28

ドナルド@灯れ松明の火

ちょっと伏線というか登場人物の設定・覚悟を決めさせる状況説明等でページを使いすぎの感じがする。途中で2巻でおしまいかと思ってしまった。こんな状態で続編が出せるのかよくわからない。

2020/10/03

イシカミハサミ

2巻はあんまり暗い話題もなく、 ストーリーはすらすらと。 各キャラクターがそれぞれ こちらの許容範囲を少しずつ下回っていって、 シリーズを投げるほどではないけれど、 読書時間の微妙な妨げになる。 展望もなんとも暗め。 ここから先、大団円はあるかなあ。

2020/06/30

ダイアナ

前作はすったもんだの末にスカッとするお芝居を見せてくれた少女カゲキ団の面々。なので勝手に期待値が上がっていた分、「正体がバレるかも」と戦々恐々で停滞気味の今作は読み進めるのが遅くなってしまった。でも展開的には面白くなりそうなので次作ではまたズバッと決めてくれるのを(勝手に)期待しておきます。

2020/06/10

感想・レビューをもっと見る