読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 (ハルキ文庫 た)

あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 (ハルキ文庫 た)

あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 (ハルキ文庫 た)

作家
高田郁
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-09-15
ISBN
9784758443616
amazonで購入する

あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 (ハルキ文庫 た) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

こいつはいけねえ。いけねえよ~。(あれ、どこかで聞いたような…)高田郁に物を申したいよ~。幸にどんだけ不幸にさせるんだよ~。結のことだけでいいじゃないかよ~。それにしても結、とんでもないことしやがって…。音羽屋のジジイと共に許せねえよ~。でも、いつか、結とよりを戻して仲の良い姉妹に戻ってほしいと思う自分がいるよ~。音羽屋は地獄に落ちてほしいよ~。でも光明が見えてきたよ~。五鈴屋の快進撃が始まりそうだよ~。と思ったら、そこで終わりになったよ~。次作まで半年後だとさ~。高田郁、ひでえよ~。

2020/09/25

やま

あきない世傳 金と銀9作目 2020.09発行。字の大きさは…小。 江戸時代女性が主人として店を営むことが出来なかった大阪から、江戸へ進出して、知恵を武器に難局を切り開いて行く五鈴屋江戸本店の女主人・幸の物語です。 幸は、妹・結に裏切られ、日本橋音羽屋の女主人・結として、商売敵となります。 幸は、両替商音羽屋の主人・忠兵衛の罠にはまり、五鈴屋は、絹織物の商売を諦め太物(木綿)に絞った商いをする店となります。 試練の中で幸は、知恵を絞ります。 安価な木綿で、洒落た浴衣を作り売り出すことを考え出します。→

2020/10/26

小梅

シリーズ9作目。結がこの先どうなるか…このまま上手くいくはずはない。五鈴屋の真似は真似だから、それ以上になるのは難しいと思う。しかし、もう9作目。やはり10作で終わるのだとしたら、次作で終了?いや、どうなんだろう。

2020/10/13

Yunemo

結の生き方、姉への長きに亘る嫉妬。姉としての幸の生き方、幼い妹への情愛。これがそれぞれを引き離す元になり展開していく本編。でも何だかなぁ、自身としては寂しすぎて、現代でも骨肉の争いはあることで、まさか幸と結がこうした関係になるなんて、とは想いながらこの展開は次への一手かなとの期待感も。それにしてもこれだけ危機が襲来しても負けずに、淵の底でこんこんと湧きだす泉のように知恵を絞り、新たな夢を育んでいく幸の力強さに、読んでる自身のほうが力を貰ってる気分。目指す商道を極めていく道筋、まだまだ遠いのかなと一人想い。

2020/09/22

修一郎

前巻の‘かんにん’な終わり方からして,この巻は試練の巻になることは予想していたけどもここまでとは!結ちゃんの出奔も解決しないうえに呉服商いを取り上げられて結ちゃんとも商売敵になってしまうんだもの。てっきり十二支小紋染めの大成功で五十鈴屋が江戸の大店になっていくものと思っていたのにねぇ。そんな中でも早くも次のビジネスチャンスが芽生えてきた,木綿でビッグビジネスをモノにして大店になって欲しいし結ちゃんとも関係修復して欲しい,というところでじりじりしてます。次は2月だ。今度は遅れずに読みます。

2020/12/18

感想・レビューをもっと見る