読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天下一の粥 料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

天下一の粥 料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

天下一の粥 料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)

作家
和田はつ子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-12-15
ISBN
9784758443821
amazonで購入する

天下一の粥 料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

シリーズ第40巻。前作に比べると分かり易い内容で良かった。今のコロナ禍に重なるように江戸に流行風邪が蔓延する様が描かれている。経済と命の重み、その中での政の責務を背負って庶民の為に金銭的に画策する北町奉行の烏谷、季蔵も持ち帰り専門店にする事に。手伝いに来た瑠璃に酷似のお里奈という若い女性がお粥作りの名人。彼女の素性を最後に知ることになるのだが…。今回はお粥の作り方や料理のレシピ本みたいな感じで興味のない箇所は飛ばし気味。和田さんの料理への情熱は分かるが、その分瑠璃と季蔵のシーンも増やしてもらえると嬉しい。

2021/01/07

小梅さん。

コロナを意識した設定かな。 そういうのは、なんだかなぁ。 里奈のキャラがあまり好きになれず、よけいにはまれなかった。 それに、瑠璃に似てるって設定、必要? とはいえ、いろんなお粥がでてきて、そそられる。 お粥って、優しい。 医師直江が素晴しかった。ああいう人にはずっと活躍してほしい。 それにしても、40巻。 瑠璃の存在感が薄い巻だった。季蔵との仲はどこかで何か進展していくのだろうか。 そういう本筋の進展がそろそろほしい。

2020/12/19

ひさか

2020年12月ハルキ文庫刊。書き下ろし。シリーズ40作目。江戸かぶら、粥三昧、為朝丼 、金柑大福、長寿膳、の5つの連作短編。今回も美味しい料理と思いもつかない和田さん流の展開で、コロナ禍のような外出制限とか瑠璃そっくりのお里奈の登場とか、まぁなんか無茶苦茶ですが、それがこのシリーズの悪魔的な魅力なんです。

2021/02/28

陽ちゃん

今のコロナ禍の状態を彷彿とさせる流行風邪に振り回される江戸の人たち。季蔵の塩梅屋も北町奉行の烏谷から店内での飲食は禁止され、持ち帰りのみを求められますが、新たに入ってきたお里奈の作るお粥は美味しそうです。ただレシピが丁寧すぎて斜め読みしてしまいましたが。この突然現れたお里奈の正体は最後に判明しますが、それまで、何かあるなとは思いましたが気になって仕方がありませんでした。それにしても、今回は瑠璃と季蔵の絡みがほとんどなくて残念でした。

2021/01/24

暇粒史

江戸捕り物帳だがコロナ色強い。みおつくし料理帖のようにレシピたっぷりの良作あるが、さすがにこれは多すぎて肝心の捕り物部分がスカスカ、事件と料理の関係も薄いしね~

2021/01/03

感想・レビューをもっと見る