読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

遠足はたまごサンド 星空病院 キッチン花 (ハルキ文庫 わ 3-2)

遠足はたまごサンド 星空病院 キッチン花 (ハルキ文庫 わ 3-2)

遠足はたまごサンド 星空病院 キッチン花 (ハルキ文庫 わ 3-2)

作家
渡辺淳子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2021-02-15
ISBN
9784758443937
amazonで購入する

遠足はたまごサンド 星空病院 キッチン花 (ハルキ文庫 わ 3-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

machi☺︎︎゛

第一弾は読んでいないけど第二弾から読んでも充分楽しめた。星空病院の最上階のキッチン花で作られる4つの美味しい話。星空病院の名誉院長が作ってくれる本格的で幸せになれるメニューはすごく魅力的だった。若い時はお腹が膨れればいいという食事もした事があるけどやっぱりそうではないなと改めて思った。

2021/04/20

しんごろ

半下石(はんげいし)名誉院長、あいかわらず院内を彷徨ってるなあ。この人、やっぱり外科医ではない。精神科医としか思えない。医食同源をさりげなく遂行して、天才精神科医かも…。でも外科医なんだよなあ。よくわからないけど名誉院長のことだけあるわ。そして綿さんは何者なんだ。あいかわらず、例によってパシリにされてる(笑)。患者はもちろん、医師や看護師の心の隙間に入って、悩みや問題を解決。そんなキッチン花の料理が美味いなら、ぜひ食べてみたいな。

2021/03/01

タイ子

星空病院の別館4Fにあるキッチン花。シェフを務める名誉院長は気付けば悩める患者や家族の近くに現れるというそれも何だかフシギな存在。綿さんも掃除のおばちゃんも素性不明だし。生まれつき心臓に病を抱える小2の少年が自分の病と両親の不仲に小さな心を痛めるのもいじらしく、遠足よりもっと大事なものを教えてくれたシェフの料理が涙を誘う。他には乳がんと闘う漫画家とその甥っ子の話が好き。病は人生の楽しみを奪う代わりに与える物の大きさに気付く時、奪われた楽しみは生きがいとなって還ってくる。そんなことを教えてくれた第2弾。

2021/03/15

horihori

前作は未読だけど、今作から読む。星空病院の名誉院長がおいしい料理で奇跡を起こす4編。「遠足は卵サンド」小2の聖也は制約の多い生活を脱するために心臓手術を決意。入院中にクラスメイトの思わぬサプライズ「すき焼き鍋は知っている」事故死した三輪先生と付き合っていた冬子。箝口令されたはずの事故の噂が耳に入る「人生はオッソブーコ」落ち目の大御所漫画家が乳がんになり、甥が世話係を引き受ける。「傘寿のハッピーバースデー」夫の80歳の誕生日に好物を作るはずが、買い物先で鼻血が止まらなくなった妻。やっぱり前作、読まなくちゃ!

2021/04/06

見た目は、何か薄い…。中身は、一作目を忘れてます(^^;名誉院長の心残りが気になりました。たまごサンドの卵は、ゆで卵ぐちゃぐちゃしか認めません!あたしはね。

2021/04/06

感想・レビューをもっと見る