読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大阪で生まれた女 たこ焼きの岸本(3) (ハルキ文庫 は 12-4)

大阪で生まれた女 たこ焼きの岸本(3) (ハルキ文庫 は 12-4)

大阪で生まれた女 たこ焼きの岸本(3) (ハルキ文庫 は 12-4)

作家
蓮見恭子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2021-05-14
ISBN
9784758444095
amazonで購入する Kindle版を購入する

大阪で生まれた女 たこ焼きの岸本(3) (ハルキ文庫 は 12-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

今作は、前作の十喜子の馴れ初めの話が今作の伏線だったんだね。前作の伏線を前々作の話に繋いでるから、ちょっと登場人物が把握できずわかりづらかった。でも、あいかわらずのドタバタ劇。菜美絵はなかなか芯の通った娘だね。なんで颯(はやと)と一緒になったんだか…。そして十喜子からみて、孫の嵐(らん)は、保育園の給食を食べないところをみると、進と颯の血を引き継いでるっぽいね。圭介の登場で、いろいろあったけど、ラストはホロリというかしんみり。十喜子の淡い思い出だけにしてほしくないなあ。

2021/06/10

タイ子

「たこ焼きの岸本」第三弾。2作目で十喜子の過去の話に遡ったのはこの3作目に繋ぐためだったのね、と一人想像してみる。音沙汰無の息子・颯が子供の嵐を連れて帰ってきたものだから十喜子さんは孫のお守と商売に大忙し。そのうえ、今度は商店街にたこ焼き屋をオープンの話が。新店を開く決心をした十喜子さんは昔ちょこっと縁のあった圭介と再会。今回出てきたたこ焼きの天ぷらがめっちゃ美味しそう。はふはふしながら食べてみたい。新店の開店とともに、プロレスラーの嫁も将来の事を決めたみたいだし十喜子さんもまだまだこれから、がんばろー!

2021/06/01

まさきち

前作では十喜子の若かりし頃の話でしたが、今作は再び現代へ。息子の楓と嫁の女子プロレスラー・菜美絵、そして孫の嵐と暮らし始めたところに、商店街への出店話や、懐かしきかつての恋人(?)との再会、商店街の店主同士のいざこざ等が巻き起こるが、しかしそれらを穏やかに、かつ心地よく解決に導いて幸せをもたらす。そしてラストの奈美絵の一大決心とやさしさによって、十喜子に最高の幸せがもたらされ、本当にあたたかな気持ちで読了できた一冊でした。

2021/07/31

紫 綺

大阪人情話「たこ焼きの岸本」第3弾。昔ながらのたこ焼きの岸本が商店街に新店をオープン。大阪弁のやりとりが心地いい♪ついでに孫の嵐の幼児語も♪ドラマにしたら楽しいやろな(笑)、おおきに!

2021/09/18

ジュール リブレ

大阪で生まれた女の大河小説がここに千穐楽かな。住吉大社やこの辺りには全く縁が無く訪れた記憶もないのだけれど、粉もんへの愛情(こだわり)はさすが。ベタに濃い商店街の人情も暑苦しく楽しくほろり。生まれた街への愛情たっぷり。お腹いっぱい堪能させていただきました。

2021/12/28

感想・レビューをもっと見る