読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大江戸少女カゲキ団(四) (時代小説文庫)

大江戸少女カゲキ団(四) (時代小説文庫)

大江戸少女カゲキ団(四) (時代小説文庫)

作家
中島要
出版社
角川春樹事務所
発売日
2021-06-15
ISBN
9784758444125
amazonで購入する

大江戸少女カゲキ団(四) (時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のびすけ

シリーズ第4弾。カゲキ団のメンバーそれぞれが抱える悩みや事情。9月の飛鳥山での芝居を無事に迎えることができるのか!?

2021/07/12

ダイアナ

空から降り注ぐ灰、七夕の夜の地震。不安な毎日の中で各々の事情を抱えながらも最後の飛鳥山での芝居に向けて稽古をする少女カゲキ団。ラスト、芹を襲うまさかの展開に今後の展開がちょっとわからなくなる。何がいいかはわからないけど、とにかく彼女たちが後悔せずに終われるラストがあることを切に願うばかり。

2021/07/03

kmori299

それぞれの身に起こる変化が何をもたらすのか、どんな結末になるのか楽しみになってきた。

2021/07/04

ひまらやん

ラストにまさかの驚愕‼️以前の卷とはテイストの違う終わりかた。ネタバレになってしまうので、内容は書けないけど、まさか芹の○○が‼️ということだけ書き記す。うわべだけでない人の想いに涙でした。次の卷も楽しみにしています。

2021/06/18

snowflake

「ちょいと、死人が目を丸くしてどうすんのさ」

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る