読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

炎天夢 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)

炎天夢 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)

炎天夢 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)

作家
今野敏
出版社
角川春樹事務所
発売日
2021-07-15
ISBN
9784758444200
amazonで購入する Kindle版を購入する

炎天夢 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

このシリーズも長くなりました。最新刊です。班長とその部下あるいはその周りにいる関連者を含めた群像劇のような形がいつまでつっづくのか、ということです。班長ひとりでは成り立たないと思われます。今回はグラビアアイドルとその愛人t無くされる人物などをめぐるかなり以前からの事件が絡んでくるのでどのようになるのアkと思いきや意外と犯人は?ということで事件よりもこの班をめぐる人的関係の方が楽しめました。

2021/07/22

Ribes triste

安積班シリーズ。ミステリーというよりもお仕事小説になりつつありますが、それがまた面白い。次巻も楽しみに待ちます。

2021/07/18

ナオ

安積班シリーズの最新刊です。面白かった!!ドラマの影響か安積さんは佐々木蔵之介、速水隊長は細川茂樹の顔が浮かんできます。今回は被害者が芸能人で、容疑者がその愛人と、噂される芸能界のドンとゆー何とも派手な事件でした。けれど一番印象的だったのは安積をライバル視してる相楽が、今回は安積に協力的な良い人になってたこと。別人過ぎて作中で安積さんも戸惑ってて、共感しました。事件も別の視点から違うものが見えてきて…片方からしか見ない、思い込みはよくないなーと思わされました。

2021/07/15

Akio Aratani

安積班17冊目だけど前作から読み始めた。正論の班長が今回も事件解決に導く

2021/08/01

読書管理用

みんな大好き安積班 の新作。今回は事件というより、キャラの人間関係で魅せる作品でした。安定して安心して楽しめる警察小説に仕上がっています。しかし、そろそろ大きな事件を描いて欲しいですねぇ。サイコ野郎か、凶悪な組織とか。

2021/07/28

感想・レビューをもっと見る