読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

金田一秀穂のおとなの日本語

金田一秀穂のおとなの日本語

金田一秀穂のおとなの日本語

作家
金田一秀穂
出版社
海竜社
発売日
2017-09-21
ISBN
9784759315264
amazonで購入する

金田一秀穂のおとなの日本語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

常々感じていたことが、書かれていて、同感することが多い。日本語の乱れ・・と、時々、耳にするが、それにも触れられている。言葉は変化していくものであるが、その根底が大切なのだと思う。ITツールを使うにしても、やはり、限界があるし、それを理解した上で使うべき。

2017/12/23

スリーピージーン

「「キンダイチ」と日本語」と「「メディア」と日本語」の章がとてもおもしろかったし共感するところが多かった。この本は大人はどんな言葉を使うべきかというようなことではなく、金田一秀穂先生のエッセイ。著者はよく「言葉は時代により変わるものだから、そんなにめくじらたてなくても」とおっしゃっているが、しっかりした考えはやはりお持ちで、どうでもいいということではないのだ。敬語は相手次第とか水に流せないやりとり(LINEのこと)とか、都合によって安易に名前を言い換える傾向とか。母語なんだから丁寧に扱いたいと思った。

2017/11/25

shiaruvy

【2017.09.29 初版】\1,400- インフル熱のお供。おっしゃることは,ごもっともです。としか...。

2018/01/05

ゆりまま

タイトルから連想されるようなマニュアル本ではない。若い人は「金田一」と言えば「じっちゃんの名に賭けて」のほうが浮かぶだろうけど、小学生のときに使ってた国語辞典の背表紙でお馴染みの金田一さんの子孫の方です。何度も祖父の京助や父の春彦ほど自分は優秀ではないと繰り返していましたが、言葉の意味を考えることに興味がもてるように親しみやすく書いてあって、やっぱり優秀です。

2018/02/19

あお

金田一秀穂さんはラジオ深夜便に出演されていた時に、ご自身の病気の体験を話してらっしゃって、印象に残っていて、著作を読みたいと思っていました。日本語に関する短い文章。どれも視点が新鮮で、かつ身近なものばかり。天気予報の全体構造なんて気にしたこともありませんでした。一番印象的だったのはNHK]「ようこそ先輩」に出演し、母校の小学校を訪れた時の話。考えている人は、人の「異見」をきちんと聞く謙虚さを持つ。実際に料理を作るときは、勘とか心と表現される、いうにいえない部分の力が最後に働く。

2018/07/03

感想・レビューをもっと見る