読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女、60歳からの人生大整理

女、60歳からの人生大整理

女、60歳からの人生大整理

作家
松原惇子
出版社
海竜社
発売日
2017-11-27
ISBN
9784759315707
amazonで購入する Kindle版を購入する

女、60歳からの人生大整理 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パフちゃん@かのん変更

「家族の絆」幻想は捨てる。「身内の整理」「台所の整理」「友達の整理」「不安の整理」「自分自身の整理」「終活の整理」「終末期の整理」この本に何を期待していたのか。とにかくこの十年でも老人をめぐる状況はどんどん変わってきている。一人暮らしの高齢者が増え、墓も維持できなくなって、樹木葬などが増えてきている。最後は老人施設に入るか、救急車など呼ばずに自宅でひっそり死ぬか。

2021/09/29

カタコッタ

元気が出ましたよ!ポケットの物を出さないと新しい物が入らない。家族の絆は幻想、子どもは死んだと思う!極端だと思いがちですが、この歳になると、確かにそう思うのです。孤独と二人連れの生活がこれからはじまるのです。身軽に、バラ色の人生を送りたい。一番自分らしい、幸せな生活だとおもいます。

2021/01/27

60代に入ったら整理すべきもの、身内、台所、友達、不安…。なんでもかんでも取っておかないで、冷静に考えたら必要ないわというものは、整理してスッキリ身軽になりましょうということ。無いと困る必要最低限のお金はなんとか確保して、あとは残りの人生を楽しく過ごしたいもの。シングルでモノにも人間関係にもあっさりしているという著者とは何もかも条件が違う私だけれど、「バラ色の最後を送るぞ!」と強く思っているところは同じなのだ。自分自身の気持ちを一番に大事にして生活しよう!

2020/06/27

mittaka

自分の死を見据えて整理することの大切さを学んだ。タイトルに「女、60歳からの」とあるが男が読んでも参考になる。「生き方は顔にでる。言葉にでる。服装の色にでる」捨てるものは捨て、わくわくするものを足して、最期は笑ってさよならしたい。厳選した調理器具(特に鉄のフライパン)、基本調味料5種類、その他常備している8種類、定番メニューに感心した。また老人ホームに入居した人の不満1位が食事のときの席の不満(隣に座る人が不満)というのにびっくり。どこに行っても、楽しいのも辛いのも人、近所付き合いはどこまでもついてくる。

2020/03/28

カボ

サッパリと捨てたいと思うことが多くなったので読んでみました。ま、当たり前の事がサラッと書いてあって、そうだよねと感じて・・・それだけで、目新しいことは無かった。

2018/12/13

感想・レビューをもっと見る