読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

母の老い方観察記録

母の老い方観察記録

母の老い方観察記録

作家
松原惇子
出版社
海竜社
発売日
2018-10-10
ISBN
9784759316360
amazonで購入する

母の老い方観察記録 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

punyon

我が家にも高齢の母がいる。人はどんな風に老いていくのか?そして家族はどう対応していけばいいのか?と読み始めた。が、このお婆ちゃん92歳で娘の作者をして妖怪と言わせるほど元気。元気で長生きな人の特徴は①生活リズムを崩さない②マメに動く、自分でやる③近所に友達がいる④肉を食べる⑤おしゃれをして外出etc.「こりゃ、婆ちゃんとは違い過ぎるなぁ」の私の一言に息子は「えーっ、おかんは全部あてはまる・・こりゃ、なかなか死なんわ」と困り顔。心配するな息子よ。美人薄命と言うではないか。おかんは間違いなく早死にする(爆笑)

2019/03/15

なかなか

私事ですが、ぼくの両親は事故と病気で他界しました。介護の苦労を残さなかった子供孝行の親です。ぼくも将来子供に迷惑をかけたくないと願いますが、こればかりはどうにも。図らずも90代の母親と同居することになった筆者が、妖怪のように達者な母親の日々を観察して、特に女性が元気で老いるための生活習慣から心構えまで歯切れよく提案します。それは筆者のこれまでのテーマである自立した女性の生活に通じるもの。なんでも自分でやる、身なりをいつもきれいにする、必要とされる人になる・・など特に目新しいことはないだけに、ごもっとも。

2019/03/02

Makoto Yamamoto

初めての作家の作品。 92歳の母の生き様から、お年寄りが元気に生きる心構え等を軽やかに面白く書いている。 基本は自分でやること。 人に頼ったりするから認知症等になってしまう。 まあ、できるだけ外出して、色彩豊かな服装でさっそうと歩くことをイメージして、美味しいお肉を一杯食べよう。

2018/12/18

めえめえ

介護エッセイかと思ったら違いました。何せ92歳のお母さん、ボケてもおらずピンピンなのです。71歳の娘(著者)と同居が始まったものの生活は別々、食事も一緒にとらない。大家さんと間借り人の関係なのです。うちも独身の子供がもし帰ってきたらそうしよう。でも家賃を払ってくれるかな(汗)

2019/03/12

ITSUMI

母92歳、娘71歳、つれ猫13歳、で初めて同居、というか母親宅に転がり込む著者。ウチは猫が4匹いたし、母の家は寒かったので同居しなかったけれど、転がり込んでいたらもう少し母の考え方や暮らし方を「観察」出来ただろうな。

2019/02/22

感想・レビューをもっと見る