読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

母の老い方観察記録

母の老い方観察記録

母の老い方観察記録

作家
松原惇子
出版社
海竜社
発売日
2018-10-10
ISBN
9784759316360
amazonで購入する Kindle版を購入する

母の老い方観察記録 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

読み終わって本を閉じた瞬間「すごいなぁ」と一言が漏れました。92歳の母の「背中が曲がっている、首が前に出ている」と書かれていますが、お写真を拝見するとシャッキリしています。スツールに乗って背伸びして高い棚に手をかけています。レンタルのモップと雑巾で毎日掃除をし、一人の食事を毎回自分で作り、おかずも数種類用意してたくさん食べられています。友達も多く、お洒落をして外出も頻繁にされています。とにかく生活を楽しみ自立しているのが素晴らしい。もう「妖怪」の素晴らしさに圧倒されて他の事は霞んでしまいました。天晴れ!

2019/04/16

パフちゃん@かのん変更

うわ~、92歳の素敵なお母様。はっきり言って、わたしは著者よりお母様に惹かれました。運動は特にしなくても毎日早起きしてダスキンをかけ、高級牛肉は絶やさず、銀座においしい寿司を食べに行き、イッセイミヤケのプリーツプリーズがみごとに似合う。そんな92歳まさに妖怪。こんな素敵な人になりたい!でもその素敵な生活には遺族年金いくらもらっているのだろう。と、気になった。

2019/09/06

punyon

我が家にも高齢の母がいる。人はどんな風に老いていくのか?そして家族はどう対応していけばいいのか?と読み始めた。が、このお婆ちゃん92歳で娘の作者をして妖怪と言わせるほど元気。元気で長生きな人の特徴は①生活リズムを崩さない②マメに動く、自分でやる③近所に友達がいる④肉を食べる⑤おしゃれをして外出etc.「こりゃ、婆ちゃんとは違い過ぎるなぁ」の私の一言に息子は「えーっ、おかんは全部あてはまる・・こりゃ、なかなか死なんわ」と困り顔。心配するな息子よ。美人薄命と言うではないか。おかんは間違いなく早死にする(爆笑)

2019/03/15

G-dark

「ハエたたきで落としたいくらいピンピン」な母(92歳)と暮らすことになった著者のエッセイ。母を「妖怪」と呼ぶ観察眼がユニーク。「妖怪」の元気な暮らしぶりに驚かされます。お手伝いさんが居るのかと思うほど家を綺麗に保ち、料理などの家事も精力的にこなしつつ、銀座だコンサートだ友達と会食だ歌舞伎だ、とあちこちへお出かけする活力を持ち、200gのステーキをぺろりと平らげる食生活を送り、鮮やかな色も派手な柄も着こなすファッションセンスの瑞々しさといったら!この本を読んでいると元気を貰えます。

2019/07/22

なかなか

私事ですが、ぼくの両親は事故と病気で他界しました。介護の苦労を残さなかった子供孝行の親です。ぼくも将来子供に迷惑をかけたくないと願いますが、こればかりはどうにも。図らずも90代の母親と同居することになった筆者が、妖怪のように達者な母親の日々を観察して、特に女性が元気で老いるための生活習慣から心構えまで歯切れよく提案します。それは筆者のこれまでのテーマである自立した女性の生活に通じるもの。なんでも自分でやる、身なりをいつもきれいにする、必要とされる人になる・・など特に目新しいことはないだけに、ごもっとも。

2019/03/02

感想・レビューをもっと見る