読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

がん専門医が、がんになって分かった大切なこと

がん専門医が、がんになって分かった大切なこと

がん専門医が、がんになって分かった大切なこと

作家
中川恵一
出版社
海竜社
発売日
2019-10-29
ISBN
9784759316636
amazonで購入する

がん専門医が、がんになって分かった大切なこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

trazom

自らエコー検査をして膀胱がんを発見し、内視鏡による切除手術をした体験記には大きな発見はないが、がんに対する先生の考え方が面白い。がんは「自分の死ぬ時期が大体いつ頃なのか」が分かる病気だから、「死を受け入れる時間」を用意してくれて、最後の時間に「生を完成させやすい」のだと言う。だから「死ぬならがんで死にたい」。そのためにも欧米並みの緩和ケアが必要だと著者は力説する。また、本書の中で、「がん治療は「敗者復活戦のない一発勝負」」という言葉が何度も出てくる。初回治療における意思決定が決定的に重要だと肝に銘じよう。

2019/12/17

Shimaneko

著者がそうだったように、実際に告知/治療される当事者になってみないと分からないことって多々あると思うので、患者側として「がんの予習」がどこまで有効かは疑問だけど、知らないよりは知っといたほうがいいかもレベルの、むしろ医療者側に読んでもらいたい系。自分自身、先月のがん告知は青天の霹靂だったので、動揺具合はリアルに共感。余談ながら、1975年当時の和食が一番ヘルシーだったとゆー東北大大学院の実験が興味深い。

2020/05/27

ガーコ

☆☆☆☆

2019/12/22

感想・レビューをもっと見る