読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミツバチたち

ミツバチたち

ミツバチたち

作家
カーステン ホール
イザベル アルスノー
青山南
出版社
化学同人
発売日
2020-10-09
ISBN
9784759821031
amazonで購入する

ミツバチたち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たーちゃん

花の蜜を求めて働くミツバチ。一生懸命に巣を作る様子が可愛らしかったです。色がとても綺麗でした。息子は読み始めは「ハチさんこわいねー」と言っていました。

2021/02/05

anne@灯れ松明の火

遠い方の新着棚で。ミツバチが絶滅の心配があるなんて、知らなかった! それを多くの人に知ってもらい、守るためにつくられた絵本。黄色と黒を基調に、色数を抑えて、オシャレに仕上げた絵は、イザベル・アルスノーさん。訳は青山 南さん。

2020/11/03

ときわ

先日いちご狩りに行った。農園のお兄さんが「奥にミツバチの巣があって、飛んでいますが、そっとしておくと刺したりしませんからね」と爽やかに説明してくれた。そんなことがあって、図書館で目についたこの本。ミツバチのお仕事がよく分かる。オレンジ色で(蛍光オレンジ含む)見ていると元気になれる楽しい絵本です。

2021/03/28

遠い日

ミツバチの世界的な減少と絶滅の危惧は知っていますが、近年都会のビルの屋上での養蜂なども可能になり、少しだけミツバチが増えつつあるとも聞きます。それでも、2020年の上梓でまだその危惧を訴えているということは増加も微々たるものということでしょうか。蛍光色のオレンジっぽい黄色が印象的なイラスト、ミツバチたちの仕事を物語のように描きつつ、ちゃんと科学的な解説にもなり得ている、不思議な世界観が好きです。

2021/04/02

らんどるる

図書館本。新しい絵本で、絵がかわいかったので。物語かと思ったら違った。作者は元教師で、学習絵本を作ってきたとのこと。ミツバチの絶滅を危惧して、ミツバチについて知れるように作られたとのこと。とはいえ。科学的なかしこまったものでなく、お話っぽく説明されている。(7分)

2021/01/24

感想・レビューをもっと見る