読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クジラが歩いていたころ

クジラが歩いていたころ

クジラが歩いていたころ

作家
ドゥーガル・ディクソン
株式会社アチェロ
ハンナ ベイリー
橋本 あゆみ
出版社
化学同人
発売日
2020-10-30
ISBN
9784759821154
amazonで購入する

クジラが歩いていたころ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

児童書。分類45、絵本サイズ64p▽進化ってなに?/地球の生命の歴史年表/進化の樹を理解さよう/自然界の大実験/ヒレが足になったころ/トカゲが水中にかえったころ/ワニが世界を支配していたころ/ヘビに足があったころ/鳥に歯があったころ/クジラが陸を歩いていたころ/サイが巨大化したころ/小さなゾウがいたころ/鳥が飛ぶのをやめたころ/哺乳類が狩りをはじめたころ/霊長類が木から地上におりたころ/進化はつづく/さくいん▽イラストが可愛い。イラストに矢印説明あってわかりやすい。ふりがな有りで小学生にも読みやすい良本

2021/02/01

とよぽん

サブタイトル:動物たちのおどろくべき進化の旅  絵が美しい。「進化ってなに?」という見出しに続く説明がとてもわかりやすく、読者を引き込む。現在まで生き残った人類の種はひとつ。ホモ・サピエンス、それは「賢い人」という意味。その名に恥じない生き様をしているか人類は?人種差別は誰がつくったのか? ルビが丁寧に振ってあり、小学生から読めると思う。随所に大切な言葉が散りばめられていて、ハッとさせられる。例えば「進化とは、絶え間なく続いていく過程である」、「地球がある限り、生命は進化する」など。訳の的確さも大である。

2021/02/08

りー

カンブリア期~現代までをダッシュで駆け抜ける絵本。若干文字が多めなので、高学年、図鑑好きの子におすすめ。私事ですが、幼い頃「Newton」を毎号父が買ってくれていて。何が楽しみだったって、イラストです。内臓とか宇宙とか恐竜とか遺跡とか…と、いう楽しみを久々に思い出しました。(いつからこんなに超絶文系になったのかしら。)でも、クジラの仲間は、進化の過程で地上を四足歩行していた動物が、再び海へ帰ったのだと、初めて知りました。絵で見ると過程がよく分かる。こんな説、昔からあったっけ?昭和で知識が止まっている!

2021/02/01

ヒラP@ehon.gohon

生物の進化の歴史が細かくグループ分けされた上に、解りやすい説明とともに視覚化されて、楽しい絵本になっています。 知らない生物が多いのですが、こんな本から未来の学者さんは育っていくのでしょうか。 絵を楽しみながら進化についての学習ができる本です。

2021/03/03

ケ・セラ・セラ

『クジラが歩いていたころ』だけでなく、さまざまな生物の進化を辿っている。その時代時代の動物を、イラストと丁寧な説明文で解説していてわかりやすい。太古の世界から長い年月をかけて、ゆっくり少しずつ変化して今に至る、壮大な進化の歴史にたっぷり触れることができる一冊。読み応えあり。興味があれば小学中高学年からでも。

2021/03/04

感想・レビューをもっと見る