読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

35歳からわたしが輝くために捨てるもの

35歳からわたしが輝くために捨てるもの

35歳からわたしが輝くために捨てるもの

作家
松尾たいこ
出版社
かんき出版
発売日
2017-08-03
ISBN
9784761272777
amazonで購入する Kindle版を購入する

35歳からわたしが輝くために捨てるもの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蝶よ花You

先日ふとラジオから聴こえてきた、今まで失礼ながら知りもしなかった松尾たいこさんというイラストレーターの言葉「ネガティブな人や事柄からは『笑ったまま後ずさりすれば良い。』」。なんだか笑えて小気味良くて、思わずこの方を検索してすぐに著書を買い物カゴへと入れました。自己啓発本とも違う。「何でも前向きに進めようぜ」なんてムダにポジティブじゃなく、上述の言葉通り全体を通して「良い切り捨て」「良い逃げ」を教えてくれる。等身大で良く見せようと思って書かれていないから素直に読みやすく、何度でも開いて読みたくなる作品です。

2017/09/10

mami

35歳なんてとっくに過ぎてしまったのだけど「年齢制限を捨てる」に勇気づけられて思わず手にした一冊。すごく元気にさせてもらった。実はこの夏からある資格を得る為にスクールに通っている私。二回りも年下の方たちと机を並べてる。それは「億劫」を捨て「諦める」のをやめたからに他ならない。自分が輝くために捨てる何かはその先の輝く未来にきっと繋がるはず。

2018/12/17

Salsaru

すごく楽になった。

2017/08/31

laili

この人、やっぱり好き。考え方が非常に共感できて毎回なるほどです。愚痴を吐き出す友達がいるって本当に大切。あとは努力は報われないと思っているというのは納得。シンプルで生きやすい暮らしがしたい。イラストレーターやクリエイティブな人はほんっとに締め切りを守らないので、イラストレーターで締め切り守る人なんてとっても貴重。部屋を片付けよう!!

2019/04/06

IYO

35歳の誕生日に読んでみました!本屋で平積みされていて、このタイトルに目が止まれば読むしかないでしょ!って事で、まぁ、日頃から実践してる取捨選択本ですね。内容も優しくて読みやすいし、装丁も可愛いし飾ってるだけでも絵になるし、普段本を読まない人への、35歳の誕生日プレゼントにも丁度いいかと。まずは自分にプレゼントですね!

2017/08/26

感想・レビューをもっと見る