読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ

THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ

THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ

作家
ダーシーニ・デイヴィッド
池上彰
花塚 恵
出版社
かんき出版
発売日
2018-11-14
ISBN
9784761273767
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

THE ALMIGHTY DOLLAR 1ドル札の動きでわかる経済のしくみ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mintia

世界は小さく、そして繋がっていることを体感できた。グローバル経済が色々な問題を起こしていることや、また拡張する経済を止めることが出来ないことを理解できた。

2020/01/10

right

米ドルは、世界で最も流通する最強の通貨。ドルが経済活動を通じて世界を渡り歩く。外貨準備に力を入れる中国、成長への足掛かりを掴むナイジェリア、インフラ整備を進めるインド、石油産出する中東諸国、そしてロシア、ドイツ、イギリスへとどこへ渡っても価値を持ち続ける。世界のどこにいようとも、ドルの支配下にあり、ドルの支配は当分続く。

2020/02/28

モーモー

ポンド、ユーロ、ドル、円に関係なく誰かがお金を使えばそこに物語が生まれる。 覇権通貨のドルの流れを追いながら、経済の動きが理解できた。 経済の側面から俯瞰すると世界を牛耳るのは間違いなくアメリカですね

2019/03/27

mimiko

お金の動きが繋がっているのがよくわかると同時に、自分が世界情勢や経済にいかに疎いかを思い知った。特に中東が昔から苦手なんだけどなんでかな〜。

2020/01/12

Hirochikant

アメリカから中国、そして最後にはまたアメリカに帰ってくる。ドルの流れが国をまたいで見えてきます。 そして国ごとにドルをどう捉えているのか? といったところから、今後の展望を想像できておすすめです。

2019/03/25

感想・レビューをもっと見る