読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界一伸びるストレッチ

世界一伸びるストレッチ

世界一伸びるストレッチ

作家
中野ジェームズ修一
出版社
サンマーク出版
発売日
2016-02-09
ISBN
9784763135223
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

最高に気持ちいい「伸び感」を得られる
ストレッチ、教えます。


「走ったら脚を傷めた。やっぱりストレッチしないと」
「昔から体がカチコチなのが嫌」
「運動は嫌い! でもストレッチくらいは……」
「いつものストレッチでは伸びた気がしない」
「伸ばせるポーズやコツがわからない」

ストレッチに興味を持つ理由は、さまざまだと思います。
そのすべてに応え、
“最高に気持ちいい伸び感”
を得てもらう方法をまとめたのが、本書です。

箱根駅伝を連覇した
青学陸上部(長距離ブロック)の
フィジカルトレーナーを務め、
10万部を超えたベストセラー
『きょうのストレッチ』の著者でもある
中野ジェームズ修一氏が、
25年以上にわたり
トップアスリートや芸能人、一般の方々まで
老若男女問わず大勢の体を見続けてきたなかで
見つけたよく伸びるポーズ、
体に痛みを抱えた人でもできるポーズ、
硬い人にオススメのポーズを紹介。

しかも寝ながら、椅子に腰掛けて、立って、
パートナーと行うなどのシチュエーション別に、
紙面の許すかぎり網羅しました。

もちろん気持ちよく伸ばすためのルールやコツも
惜しげなく披露しています。

さらに、伸ばすべき筋肉が
見てすぐわかるような工夫まで凝らしている
珠玉の一冊。

ぜひ本書のストレッチをお試しください。


*目次より

CHAPTER1 体が硬くなるしくみ、やわらかくなるしくみ
CHAPTER2 世界一伸びるストレッチのルールとコツ
CHAPTER3 首・背中・肩・腕
CHAPTER4 胸・お腹・腰
CHAPTER5 お尻・股関節まわり
CHAPTER6 太もも
CHAPTER7 ふくらはぎ・すね・足裏
CHAPTER8 動的ストレッチ
CHAPTER9 お悩み解消ストレッチ
APPENDIX タイプ別インデックス

世界一伸びるストレッチ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅーいち@元くろいち

[A]わかりやすく、効果が実感できるストレッチ本【効果のないストレッチ5つの原因】①やり方を間違えている②ポーズが合わない③頻度が少ない④体の形状を無視している⑤ルールやコツを知らない【ストレッチのルール5つ】①決めポーズが完成してから30秒…しっかり伸びてから30秒②呼吸を止めない…息を止めると筋肉がリラックスしない③痛気持ちいい…痛気持ちいい部分で止めることで、効果を最大にできる④硬い部分こそ優先的に伸ばす…バランスが大事⑤週に5~7日行う…週に1回入念にやってもあまり効果はない。毎日行うのが理想

2017/04/19

雪うさぎ

身体が硬いから伸びないのではなく伸ばし方が間違っているから!ストレッチのコツを部位別にまとめた一冊。まだ読んだだけで実践はしていませんが、これはいい!やってみたいと思えるものばかりでした。 ストレッチや筋トレなどは誰もが興味を持っても地味でなかなか続かないものですが、こういったロジックがあるとモチベーションが上がりやすいと思います。教えてくださった読友さんに感謝です。

2019/01/08

日向永遠 @鉛筆画は楽しい!

ストレッチは習慣にしたい。なので時々、こう言う本をてにとる。短い時間でもいいので続けるのが大事。頑張って集中することはあるけど続けるって難しい。今度こそ習慣にします。誓います。

2016/08/13

T66np

ジムのマシンが面白くて運動熱が高まり、いろいろ勉強しようと中野ジェームズ修一さんの本まとめ借り。体が硬い私にはこの本が一番効いたかも。「柔軟性テスト」をしたところ、6つ中「適度な柔軟性」が3、「柔軟性不足」が3。ってことで、不足してる三ヶ所のストレッチを試したところ、気持ちいい!たしかに普段感じない気持ち良さ。日常生活ってパターン化してるから、使う所って偏ってるのかも、と思った。あと、私は左右で差があるのが気になるなー。「一か月続ければ体は変化します」を信じることにする。図書館本

2017/11/03

そり

この本を読んで、ストレッチはめんどくさいものから気持ちよいものと思えるようになった。前から、ストレッチをすれば体が軽くなるだろうと思っていた。でも、飽きる、めんどくさいなど思いこみがあった。だから、その思いこみが解消されたことはとてもありがたい。▼ひとつの部位のストレッチだけでも、「簡単ストレッチ」「もっと伸びるストレッチ」「パートナーストレッチ」といろいろ紹介されている。自分の体に適したやり方を選べる。著者の「最高の伸び感を提供したい」という意欲的なところが好きだな。

2016/06/06

感想・レビューをもっと見る