読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

結晶物語

結晶物語

結晶物語

作家
江本勝
出版社
サンマーク出版
発売日
2003-06-19
ISBN
9784763181787
amazonで購入する

結晶物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カナン

「水」に魅せられた作者が、言葉を「聞かせたり」「見せたり」してみた。生命も宇宙も魂すらも肉眼で見えた。「ありがとう」という言葉を見せられた水は美しい結晶を作り、「ばかやろう」という言葉を見せられた水は粉粉に砕け散った。同じ「ありがとう」でも、独語ではとても精緻で薄青く輝き、仏語だと花が咲くように白く輝く。ほたるの里の湧水は本当に蛍のようにふわりとまるい明かりが灯り、美酒の土地の湧水は万華鏡みたいに煌めく。加持祈祷をした水が大日如来の姿をあらわした写真には鳥肌が立った。それは私達のこの身にも流れる、「水」。

2013/06/15

ちゃかちん【積読:48】

お客様からお借りしていた『アナ雪』のDVDを明日お返ししようと鑑賞☆で、急に思い出して引っ張りだして再読しました(^O^)水の結晶に色んな言葉をかけるとどう変化するか、と言うたくさんの写真が紹介されています。魔法も愛がないと使いこなせない。言葉も魔法。水の結晶でこれなんだからペットや赤ちゃん!に、かける言葉がどれだけ重要か眼で見れば百聞は一見にしかず、であります☆あ、アナ雪は面白くしっかり感動しました(^O^)超、乗り遅れた感が満載ですが(爆)

2015/04/03

Ryo

図書館。読メにて興味を持って。「ありがとう」という紙を貼った水は奇麗な結晶を作り「ばかやろう」と貼った水は粉々に砕けていた、聞かせたら〜というのは聞いたことはありました見せるだけでも効果ありなようで、他にも曲や様々なものを見せた、聞かせた結晶写真がたくさんありました。個人的に振動に最近興味を持っていたので言葉が持つ波動、という説明には非常に説得力がありました。が、個人的主観もあるので私は「これ真ん中あまりきれいじゃなくない?」と思ったものでも、きれいな言葉を聞かせてできたものは「きれい」って仰ってるもの→

2013/07/15

草々

「ありがとう」「ばかやろう」。かける言葉により、できる結晶の形状が大きく異なる。 なんとも疑わしい話だと思った。 読み進めると、言葉や色など全てのものには波動があるという。 原子レベルまで拡大すると、その振動を確認できる。それぞれが特有の波動を発しているようだ。もちろん良い意味を含む言葉は美しい結晶を作り出す。言語が変わっても結果は変わらない。 本書は日ごろの自分を見直す良いきっかけとなった。良い言葉を使おう、良い人と付き合おう、良い環境に身を置いて、良い波動を感じ、美しい結晶(人間)になろうと思った。

2016/01/31

ハッチ

言葉がけで水の結晶のでき方が変わるらしい。「ありがとう」という言葉がけでできた結晶は美しく、「ばかやろう」という言葉がけをされた結晶は砕け散っていた。 この本が世界中に翻訳、出版されているというから驚きだ。この世には、理屈で説明できない何かがある…のかもしれない。 実験結果はともかく、日常生活の中で言葉には気をつけていきたい。

2014/05/03

感想・レビューをもっと見る