読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本は「右傾化」したのか

日本は「右傾化」したのか

日本は「右傾化」したのか

作家
小熊英二
樋口 直人
出版社
慶應義塾大学出版会
発売日
2020-10-15
ISBN
9784766426946
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本は「右傾化」したのか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とくけんちょ

日本は、漠然と右傾化しているようなイメージを受ける。なぜか?その問いに答えてくれる論文集。国民意識やメディア、ネット、政治などそれぞれの分野で右傾化しているかデータをももに検証していく。小熊論文にあるように、右が重くなったのではなく、左が欠けて傾いたというのが答えと考える。ぶつかるのを避けるだけでなく、政治的議論が身近になってもらいたい。

2020/12/08

ヒデミン@もも

小熊英二さんは何事も視点が社会全体として捉えているからわかりやすい。まず、右翼とは何か。左翼との違いは。それが私の中で曖昧模糊はっきりしてなかった。松谷満さんによると国、時代、世代で異なる。経済的、社会的次元、ナショナリズムなどによる地域。日本は、①伝統的な価値観②国家、民族③憲法九条など軍事力強化。民族的優越感。排外主義以外はむしろ左翼化。政治は長期政権による右翼化、一般庶民は左翼化ということに納得する。

2020/11/15

感想・レビューをもっと見る