読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装復刊 吉野朔実のシネマガイド シネコン111

新装復刊 吉野朔実のシネマガイド シネコン111

新装復刊 吉野朔実のシネマガイド シネコン111

作家
吉野朔実
出版社
エクスナレッジ
発売日
2017-02-18
ISBN
9784767822730
amazonで購入する

新装復刊 吉野朔実のシネマガイド シネコン111 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マッピー

吉野朔実のブックガイドが好きでした。だから彼女のシネマガイドも楽しみでした。が、111本紹介された映画のうち、私が観たのは『シービスケット』『スキージャンプ・ペア』『チャーリーとチョコレート工場』『ゆれる』の4本だけ。うっひゃ~、こんなに観てないのか。ヨーロッパや中東、中南米の映画も多く紹介されていて、日本の映画とハリウッドの作品ばかりが映画じゃないんだよなあって、当たり前ですが思いました。吉野朔実のイラストが、またいいんだよなあ。落ち着いたら、また映画を観ることにしよう。

2020/03/28

ちぇしゃ

新装復刊だけど前のバージョンは買いそびれてたので即買っちゃいました。こちらは「こんな映画が」に比べるとよりマニアックな作品が多くなってる印象。 よく知られている作品ではなく、おそらくよっぽどの映画好きじゃないと見に行かない良作が、あっさりとさっぱりと紹介されてる。内容に深く触れるのではなく、外堀を埋めるようなレビューの書き方は失敗すると意味不明になりかねないのだけど、吉野朔実は絶妙な距離を取りつつさらっと核心に触れる塩梅がすごい。

2017/07/18

還暦院erk

図書館本。購入したいクオリティ。さらっと描かれたカラーイラストの配色が抜群に美しい。大好きな皇帝ペンギンを初めとして、目つきの悪い犬たちとか迷惑そうな顔の猫とか酔っぱらったラバとか健気な馬や子どもらとか上手いったらありゃしない。ラフに描いても吉野先生の絵には華があるなぁと再確認。…で、紹介されてる映画は例によって知らない作品ばっかりだったけれど、多彩かつマニアックで目を見張った。映画ヲタクの人に読ませて感想を聞いてみたい!とにかく吉野朔実ファンなら一読の価値あり!おススメ。

2019/08/11

コリエル

この人が薦める映画ならばと思わせる数少ない作家であった吉野さんの映画レビュー集。ミニシア系の作品も多いので、上手く見られるかわからない作品も多いけどね。通して読んで、ミヒャエル・ハネケ監督が気になった。ファニーゲームとか紹介文読むだけで気分が悪くなる作品なんだろうなと思わせるんだけど、それでも。

2017/12/10

へへろ~本舗

うっすらと観たことがある記憶のみが残ってる作品が6作のみ。

2019/07/06

感想・レビューをもっと見る