読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ

歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ

歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ

作家
甲斐みのり
鍵岡龍門
出版社
エクスナレッジ
発売日
2018-06-20
ISBN
9784767824789
amazonで購入する

歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コットン

夜長月さんのオススメ本。訪れた建物もあるが、未見では日本橋高島屋の踊り場裏の照明とか、目黒区総合庁舎の一段目の階段が浮いているように見える階段、ハンチが美しい学士会館、建築本では何度も目にする機会のある自由学園 明日館、小笠原伯爵邸などなど…。

2019/01/10

♪みどりpiyopiyo♪

クラシックホテルや美術館から、百貨店、ビヤホール、学食まで。中に入って「おいしいものが食べられる」とっておきの名建築ガイド ■子供の頃からずっと 近代建築に惹かれています。10代の頃の憧れは「いつか 旧朝香宮邸(東京都庭園美術館)に住むこと」でした 笑。■馴染みの場所も、建物にまつわるエピソードを知って、細部に目を留めながら歩き、中のカフェやレストランでゆっくり過ごしてみれば、新たな魅力が見つかります♪ ■お出かけにぴったりなコンパクトな版型も嬉し。この本 欲しいなぁ (ღ′◡‵) (2018年)(→続

2019/02/27

夜長月🌙新潮部♪

甲斐みのりさんが東京の名建築を巡りながらそこで美味しいものを食べるという目と舌でダブルに楽しむ企画。本を元にイベントをするならランチは帝国ホテル「お子様プレート」。スープに始まりメイン、デザートで1,620円。大人も頼めます。これは村野藤吾さんが増築した日本橋高島屋の特別食堂でいただけます。村野藤吾さんと言えば階段の魔術師。目黒区総合庁舎で見事な螺旋階段を見ることができます。(続く)

2018/11/27

fwhd8325

掲載されている写真がとても美しいと思いました。意識して見に行った名建築もいくつかあります。そのとき、自分で撮った写真もありますが、それは比べようもありません。同じ場所だったのかなと思うほどです。ここで紹介されている以外でも名建築はあるのでしょうが、再開発と言って安易に壊してしまうことだけは本当に止めてほしいです。むしろ、最新の技術を生かして、保存する方向に進んでほしいと願います。

2019/01/12

愛玉子

乙女心をくすぐる素敵な名建築の数々。乙女ですから厳めしい感じではなく、普段なかなか気づかない「可愛い」や「綺麗」を切り取った写真が美しいです。そして「食べる」は、さすが甲斐さん、わかってらっしゃる!ランチやスイーツ、お土産も美味しそうだったり可愛かったり。日本橋三越のお子様ランチが魅力的だけど、お子様用よね〜と思ったら「実はおとなも注文でき、ビール片手に味わう人も。」良いね!惜しむらくは、お散歩に持って行きやすいようにということでしょうか、小さめの版なのですが、もっと大きなサイズでじっくり見たかったな。

2021/03/15

感想・レビューをもっと見る