読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

オオカミと野生のイヌ

オオカミと野生のイヌ

オオカミと野生のイヌ

作家
近藤雄生
澤井聖一
菊水健史
出版社
エクスナレッジ
発売日
2018-07-31
ISBN
9784767825014
amazonで購入する

オオカミと野生のイヌ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

書店で気になり、手に取りました。ハイイロオオカミの神々しいこと、素晴らしい。実は、オオカミと一番遺伝子的に近いイヌは柴犬というのは、驚きでした。動物の中で、人間が一番おもちゃにしているのは、オオカミ(絶滅or絶滅危惧種)とイヌ(人間の好みの犬種の創造)ではないでしょうか?帝王切開でないと子供が産まれないブルドッグなんて信じられません。 http://xknowledge-books.jp/ipscs-book/BooksApp?act=book&isbn=9784767825014

2018/08/09

鱒子

図書館本。読友さん数人が読んでいらっしゃって、とても気になって借りてきました!前半は狼が中心で、それ以降は野生イヌ(オオカミ型,南米,アカギツネ型,シマハイイロギツネ型)の流れで構成されています。どの写真も素晴らしく美しい。ああしかし、子どもフェネックに悶絶です。生態についての最新研究も多々載っており、情報量の多い本でした。

2018/11/06

ポチ

オオカミを見ていると凛とした気高さや誇りを感じます。とても素晴らしい写真です。そして、野生の犬、キツネ達も共にいつまでも生き延びて欲しい。

2018/11/13

今日はあと3冊読みたいあーさん

カコイイ!(* ̄∇ ̄)ノ

2018/09/01

オオカミカッコいい。世界中に沢山種類がいて驚きました。北極にもいるみたいです。日本にいた二種のオオカミは人間とどんな感じで共存していたのか気になりました。タヌキもキツネもコヨーテも可愛かったです。

2018/08/04

感想・レビューをもっと見る