読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハダカデバネズミのひみつ

ハダカデバネズミのひみつ

ハダカデバネズミのひみつ

作家
岡ノ谷一夫
出版社
エクスナレッジ
発売日
2020-08-15
ISBN
9784767827636
amazonで購入する

ハダカデバネズミのひみつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinkin

この本はハダカデバネズミの魅力、特徴、研究の歴史や研究の最前線のことが写真やイラストとともにわかりやすく書かれている。ハダカデバネズミその学名は「変わった頭部を持つ毛のない動物」という意味だそうだ。私もこんな珍妙な動物を知ったのはそんなに古くはない。寿命は30年くらい、ガンになりにくい、低酸素状態にも強い、そして脊椎動物では唯一真社会性という女王がいて王がいて兵隊、雑用係がいるそうだ。ますます奇妙な生き物だ。アフリカの過酷な大地に住んでいるハダカネズミのたくましさよ。とにかく面白いので読んでみてね。

2020/09/03

アベシ

NHKEテレのサイエンスゼロで始めてデバを知り、その異様さに驚き、可能性に驚いてから3年が経過した。熊本大学三浦研究室通称デバ研に至るまでの長い道のりを今回知ることができた。千葉大・理研・北海道大学・慶応大学・熊本大学、研究者も岡ノ谷先生から三浦先生へ、30匹から始まり何度かの危機を経て今では600匹まで繁殖することができた。自然には、まだまだ未知のことがあり、知るべきことは五万とある。できれば上野動物園の彼らを見にいきたいものだ。長寿、ガンの克服、ips細胞etcその能力に興味は尽きない。

2021/01/05

Odd-i

あまりにも、そのまんまやないかーい!なネーミングで人気急上昇中(たぶん)の裸出歯鼠。「キモかわいい」って、まるでデバさんたちの為に出来たコトバですよね。最初こそひょえ〜となる見掛けも、見慣れてしまえばあ〜ら不思議、だんだんクセになる魅惑のルックス。そんな外見以上のオンリーワンぶりを一見から百聞まで、ふんだんな写真で丸裸に(これ以上!?)。 中でも皆さんが最も興味が湧くのは「長寿のひみつ」でしょうか。老化耐性と癌化耐性への注目度は非常に高まっています。更にはiPS細胞の研究の話題などなど、充実の一冊でした。

2020/09/21

sonettch

生き物の本は好きでつい読んでしまう。研究者たちへのインタビューやアンケートが面白い。ハダカデバネズミへのそれぞれの視点の違いなど、個性が際立つ。もっとも印象に残った論文がこちら。→【プレスリリース】ハダカデバネズミは尾を引っ張り、仲間の労働を妨害する 集団的意思決定に背く行動の発見 | 新着情報 | 国立大学法人 総合研究大学院大学 https://www.soken.ac.jp/news/6030/ 何やってんすか。

2020/10/04

紅子

ある時から存在してるような(気がする)ハダカデバネズミについて。 楽しい。楽しすぎる。 そしてとっても興味深い。 岡ノ谷さん、他のも読んでみよう。

2020/09/30

感想・レビューをもっと見る