読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀河鉄道の夜 (画本 宮澤賢治)

銀河鉄道の夜 (画本 宮澤賢治)

銀河鉄道の夜 (画本 宮澤賢治)

作家
宮澤賢治
小林敏也
出版社
好学社
発売日
2015-11-26
ISBN
9784769023241
amazonで購入する

ジャンル

銀河鉄道の夜 (画本 宮澤賢治) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪

『銀河鉄道の夜』の挿絵を楽しむ本 読み比べ。図書館で検索して何冊か借りてきました。■小林敏也さんの絵は、人物の顔がやけにリアルで ちょっとこわかった〜 :;(∩´﹏`∩);:  横尾忠則とかガロとかが想起されました。■最後の方は絵に文字がかかって、灰色地に黒い細い文字が読みにくかったです。(2015年)

2018/09/09

陽子

省略なく小説文をそのままでの絵本。厚い。版画の挿絵が黒色から始まり様々色づいていく。単調な色彩が時に真っ赤になり、多色とは異なる強い視覚印象で迫ってきた。子供時代には困難を感じた本だった。しかし、大人になって挿絵と共に再読するとイメージが広がる。ジョバンニがカムパネラに抱く友情と、心に秘める孤独。この世とは思えないような色彩的な表現とイマジネーションを喚起させる汽車の窓からの情景は彼らの心象風景なのか。夜空の星座めぐりをするような不思議な夢想旅。読後はなんとも胸が切なかった。「冬の星座」の歌を思いだした。

2020/02/15

おはなし会 芽ぶっく 

『大人が読みたい絵本500』 https://bookmeter.com/books/10792865 で紹介されていた。【旅にでたいとき】 おはなしは他の本で読んでますが、この紹介がなければ出会えなかった絵本。

2021/02/05

葉っぱかさかさ

すごくいい本だと思いました。原作に忠実に本を作ろうという思いが強く伝わります。賞をいただいて、改めて昨年出版されたようですね。文章だけではイメージしきれないもどかしさを、絵が支えて物語を読ませてくれる感じがしました。いろいろ、読み比べてみると面白いかな〜と、思いました。

2016/01/10

Takako

名作初読です。天空を走る銀河鉄道のお話。本からほろほろとこぼれ落ちてくるような美しい言葉と、情景。純度の高い美しさにどこか胸が痛むのは、透き通る哀しみを包含しているからなのかもしれません。宮沢賢治の他の作品でも、同じように美しく暖かな世界を見て帰ってくる少年の話があるのですが、全てが終わったあとにあんなにうつくしくてやさしい光景を見て行けるなら、こわくはないと思えました。宮沢賢治が懸命に言葉で紡いだ光は、生きる道程で心に灯る明かりのようです。

2017/10/05

感想・レビューをもっと見る