読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まいにちトースト (Rucola Books)

まいにちトースト (Rucola Books)

まいにちトースト (Rucola Books)

作家
たかはしみき
出版社
技術評論社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784774121765
amazonで購入する

まいにちトースト (Rucola Books) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

一冊まるごと、トーストの簡単でおいしい食べ方レシピ。自分の朝食はもっぱらパンで、京都も日本一パン食派が多いというから、なおさらありがたい本。著者が「こげぱん」キャラの発案者だというのにも納得。絵と文が実に「読ませる」。明日の朝といわず、夜食にさっそく試してみたい。バターやチーズは当たり前だが、そこにもうひとつトッピングまたは味付けするだけで、すごく変わるようだ。のりの佃煮やアボガドとかは、休日のランチでやってみようかな。

2019/12/05

手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

トーストのいろいろな食べ方を、かわいいイラストと共にオールカラーで紹介する本です。いつぞやのオフ会で教えてもらって、読みたいと思ってたの。とうとう手にとる日がやってきました☆?? ■なるほど これは楽しい♪ 定番のアレや、思いもよらないあれやこれを、トーストに乗せたり塗ったり乗っけ焼きしたり。普段食べてるお気に入りのアレンジににんまり。噂に聞いたアレは早速試してにっこり。そして思いもよらないあれは、材料のある時にやってみます。■トーストって楽しいね。手軽に試せて美味しいご本でした? (2004年)

2018/10/10

ひめありす@灯れ松明の火

年末の読書会でのご推薦本。たかはしみきさんのイラストは見ているだけでも香ばしくて、さっくりしてて、もちもちしてて、こう湯気がぷわーっとしてミルクの香りがふんわりで、じゅるり。となってしまいます。元々朝そんなに食べる方じゃないので、ずっと朝ごはんは食パン。願わくばのラピュタパン愛好家です。お醤油で食べたい方です。とろーって卵が落ちてきたら反対に倒して漫勉なく黄身を巡回させるのがコツです。あとは蜂蜜パン。シンプルだけどんんまーい。のりトーストはした事あるけど、ワサビが合うというのは初耳なので食べてみたいです。

2018/02/28

ひめありす@灯れ松明の火

さて、読んでみたら作りたいひめありすですので、さっそく実食です。まずは黄な粉に挑戦です。マーガリンとお砂糖でねりねりして熱々食パンに欠けると、黄な粉揚げパンみたいで美味しい。上から黄な粉をさらにオンするともっとそれっぽいかも。カレーチーズトーストは大好き!肉じゃがもコロッケサンドだと思えば行けます。手作りのイチゴジャムも美味しそう。シーズンならでは。まだまだ食べたいレシピが沢山ですが、シンプルに焼いただけも捨てがたいです。フライパンで焼く時は絶対バターで!すっごい美味しくなるから!!(しかし結構焦げるが)

2018/03/27

よこたん

87種類のトーストが、色鮮やかでサクッと香ばしい匂いが漂ってきそうなイラストで紹介されている。写真を載せる方が簡単かもと思うくらい、丁寧に愛情をもって美味しそうに描かれたトーストとちょっとしたコツのメモに頬が緩む。焼いて塗る、塗って焼くでの食感と美味しさの違いや、新鮮な果物を乗せるのは、そのままの優しい甘さは食パンに負けてしまいがちで意外に難しいとか面白かった。惣菜トーストのカレーやポテトサラダに加えて、肉じゃががおススメされてるのが嬉しかった。マヨネーズをのばした上に軽く潰した肉じゃが、これはイケます。

2016/09/23

感想・レビューをもっと見る