読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

古第三紀・新第三紀・第四紀の生物 上巻 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

古第三紀・新第三紀・第四紀の生物 上巻 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

古第三紀・新第三紀・第四紀の生物 上巻 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

作家
土屋健
群馬県立自然史博物館
出版社
技術評論社
発売日
2016-07-23
ISBN
9784774182520
amazonで購入する

古第三紀・新第三紀・第四紀の生物 上巻 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

さあ、哺乳類時代の幕開けです。いやあ、なんて面白いんだろう!最初に俯瞰した説明も入っているので、初心者にもわかりやすいです。猫、犬、ペンギン…大好きな原生動物と比較しながら読める、という部分も楽しいです。まだまだ研究がこれからという種類(研究者が「おたくの机の中に化石が眠ってませんか~」と聞きこんでる話にニヤリ)にドキドキしたり、クジラ類のミッシングリンクに盛り上がったり。日本は海生哺乳類の研究の場にはぴったりだなあ。面白かった!

2017/05/31

ヨクト

個人的待望シリーズの続編。オールカラーで生物の化石とイメージ図を搭載。進化の過程に思いを馳せる魅力満点の内容は、遂に恐竜絶滅後の世界へ。サーベルタイガー登場。イヌ、ネコ、ゾウ、クマ、ウマなどの現生動物の祖先が続々登場。まさに哺乳類の時代の幕開けだ。

2016/09/10

白義

恐竜の時代が終わり当然新生代の覇者となったのは我らが哺乳類、上巻である本書では前半に総論が置かれ、イヌ、ネコ、クマ、ウマ、ゾウと現生哺乳類のご先祖様なフレンズたちが勢揃い。確かにどこかで見たようだが、しかしデカくて荒々しい野生パワーを濃密に感じる。表紙のサーベルタイガー、スミロドンのこの勇ましい牙である。総論が終わった後の第一部、古第三紀編の哺乳類たちは基本的に今に繋がるものではなく、殆どが絶滅したまま系統がたち消えた生き物たち。なので既視感は多少あるが、やはり別物なのを強く感じる不思議な哺乳類たちが多め

2017/03/20

更紗蝦

オイルシェールと共に化石の採掘が行われていたドイツの「グルーベ・メッセル」(メッセル・ピット)が、意外な経緯で保全され、ユネスコの世界自然遺産に認定されていて興味深かったです。「オイルシェールの採掘終了」→「政府が採掘後の穴を産業廃棄物の集積場にする計画をたてる」→「古生物学者が反対」→「20年間の論争の間に緊急発掘を進める」→「良質な標本がたくさんできる」→「科学的重要性が評価され政府が産廃計画を撤回」→「1995年にユネスコの世界自然遺産に認定」

2017/01/28

yooou

隕石衝突による大絶滅後、植物は光合成を進化させ草原が生まれた。同様に動物たちも拡散するように多様化しつつも環境に適応すべくしのぎを削っていく新生代。圧巻であります。

2016/10/16

感想・レビューをもっと見る