読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

生命史図譜 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

生命史図譜 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

生命史図譜 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

作家
土屋健
群馬県立自然史博物館
出版社
技術評論社
発売日
2017-07-22
ISBN
9784774190754
amazonで購入する

生命史図譜 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

更紗蝦

2013~2016年に刊行された『古生物ミステリーシリーズ』計10巻の“別冊”という位置付けの本です。シリーズに登場したイラストが分類順に掲載されているので、見ているだけでも楽しいですが、シリーズ刊行中に発表された古生物関係の新情報(2016年のニュースが多いです)がコラムとして掲載されており、古生物学の日進月歩ぶりが分かります。特に旧情報と新情報の差に驚いたのは91ページの「アトポデンタトゥス」の復元図です。

2017/10/30

えすてい

全10巻の登場生物のイラスト付き総集編かつ索引でもあるが、全10巻刊行中に古生物の新発見や新説が相次いで発表され、既刊の記述を「補正」するところもいくつもある。この最後の巻を読んで、初めて全10巻の地球生命の進化の歴史と躍進・絶滅を俯瞰することができる。改めて、良シリーズで全館読む価値が大いにあるものだった。楽しいものだった。古生物はやはり興味が尽きない不思議な存在である。

2019/06/12

りょうけん

いやはやなんとも実に驚きの本である。絵がとてもナイスなのと、ツチケンさんの解説が砕けた感じで学術っぽくなくて良い。小説ばかりではなく、この様な教養が身に付く気分的本もどしどし読もう! そして博物館の見学に行こう。僕わこの再来週あたり国立科学博物館(上野)に行く予定です(^o^) すまぬ。m(_w_)m

2017/12/07

5〇5

本書は、古代ミステリーシリーズ全10巻の集成版ともいえる一冊です。エディアカラ紀から第四紀までの古生物たちを俯瞰するにはもってこいですね。6億年に渡る時の流れを、生物たちの進化で感じられます。表紙の写真は、2016年に報告された琥珀の中に閉じ込められた恐竜の尾の一部です。羽毛がはっきりと残されています。このような最新の情報も盛り込まれています。

2017/09/14

naoto

古代生物を紹介するシリーズ、まとめの一冊。巻末にはシリーズ索引もある。まだ1冊しか読んでないけど、シリーズ全部読んだら古代生物博士になれるかな?やっばり、生き物の話って楽しい!

2017/11/14

感想・レビューをもっと見る