読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント

マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント

マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント

作家
沢渡 あまね
白井匠
出版社
技術評論社
発売日
2018-08-07
ISBN
9784774198743
amazonで購入する Kindle版を購入する

マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どぶねずみ

意気込んで千葉まで行ったくせに、本屋で立ち読みしてしまった。子どもでもわかるように質問形式に書いてあるのが面白くて、ついついのめり込んだ。書いてあることはごくごく当たり前なことで、部下や後輩を信頼して上手に使えば信用して寄ってくるとか、自分で抱え込むなとかいったこと。人を使わなきゃとなったときに自分が力みすぎてしまうから、もっと柔らかく考えて肩の力を抜くのにちょうどいいと思う。管理職なりたての人向きかな。

2018/09/14

よっち

問題地図シリーズ最新作はマネジメント。マネージャーの業務範囲が飛躍的に拡大しつつある状況で、プレッシャーと制約で悩む中間管理職の問題。どこからどう手をつけていけばいいか、現状起きやすい問題を整理してゆく一冊で、どんなことで部署内のモヤモヤが起きやすいのか、何でも抱え込んでしまうマネージャー仕事の整理、コミュニケーション不全、モチベーション、育成、いかにチャレンジさせていくかなど、いろいろ曖昧にせずに明確にして、意識を向けて歩み寄りも必要で。「チームに能力と余力と協力を作ること」の重要性を再認識できました。

2018/09/14

kei-zu

「マネージャーの仕事は、チームに能力と余力と協力を作ること」(「おわりに」から) 本書での指摘は、いずれも職場の「あるある」に対して具体的です。 情報共有をいかに行い、権限を与えるころがどれだけ大事か。 メンバーのモチベーションを下げないために、マネージャーは(職場の環境も含め)どのような準備をするべきなのか。 気合と根性じゃムリ。メンバーの得手・不得手を把握し適切な指導をどのようにおこなうか(あるいは、行わせる仕組みをつくるか)。 管理職だけでなく職場である程度のベテランになった方にも役に立つ内容です。

2021/05/09

めだか

著者の「○○○の問題地図」シリーズの最新版。IT企業のPM業務を想定しているのでIT系の方にはしっくりくるかも。今までの「問題地図」シリーズと重複しているところもあるが、今回も問題点をうまくまとめてある。変えなきゃいけないと思いながら「ワッカちゃいるけど変えられない!」人には問題点の整理と再確認には利用できるのではないか。 上司や部下に「ここが問題でしょ」とうまく説明できないときは役立ちそうです。

2018/08/21

d2bookdd

現業は、『仕事の5つの要素』(目的、インプット、成果物、関係者、効率)を明確に。改善系は、実務者が、問題となりたい姿が、一番わかっているので、時間、予算を確保し、任せる!と、理解しました。納得!

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る