読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

赤毛のアン (Part 1) (The Kumon manga library―アン・ブックス)

赤毛のアン (Part 1) (The Kumon manga library―アン・ブックス)

赤毛のアン (Part 1) (The Kumon manga library―アン・ブックス)

作家
L・M・モンゴメリ
いがらしゆみこ
高橋 美幸
Lucy Maud Montgomery
出版社
くもん出版
発売日
1997-12-01
ISBN
9784774301679
amazonで購入する Kindle版を購入する

赤毛のアン (Part 1) (The Kumon manga library―アン・ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寺(о´∀`о)ノ

【読メ上品部】先日、エステー化学主催のミュージカル『赤毛のアン』(美山加恋主演)を拝見した。主演が交代しながらもう十数年も続いている芝居だそうだ。素晴らしい舞台だった為に私はアンに興味津々になった。原作に取りかかったが、仕事で厭な事があるとなかなか活字の本が頭に入らない。そこでこの学習漫画に手を出したがこれは大成功だった。知りたい事はまず子供向けの本を読めという司馬遼太郎の説は本当である。スイスイ読めて面白く豆知識も貰えた。アン達の住むプリンス・エドワード島は愛媛県と同じ大きさだそうだ。感想は2巻に続く。

2017/08/30

アニー

アニメ「キャンディキャンディ」の影響でいがらしゆみこさんはちらほら読んでいたので、あの可愛い絵で赤毛のアンを読みたいと思い。個人的にここ最近の海外名作ブームを引き起こした一冊です。アンの魅力が、脳内で蘇る名作劇場の懐かしさと共に嬉しい気持ちにさせてくれ、「マシューとマリラとか懐かしい!」「グリーン・ゲイブルズとかあったなあ、行きたいなあ」などなど、一気に童心に戻ってしまいました。しかし久しぶりに読むと、ダイアナとアンの仲の良さは日本だとびっくりするレベルの親密度ですね笑 全てが微笑ましい( ´∀`)

2016/10/13

Aya

【図書館】「花子とアン」を見てもう一度読みたくなった「赤毛のアン」。漫画なので、時間に追われている今の私にピッタリです!実は、私が小学生の頃に図書室で借りて読んだこのシリーズ。グリーン・ゲイブルズでのアンの生活、笑って、泣いて、怒って…アンのコロコロ変わる表情や空想好きのアンのおしゃべりな様子。大人になっても、無邪気なアンに癒されますね!巻末の解説やエッセイもアンの世界がまたぐーんと広がります。

2015/12/06

鏡牙-Kyouga-

赤毛のアンとの出会いは小学生の頃。いとこのお母さんが赤毛のアンが大好きで、新婚旅行に作者の故郷、プリンス・エドワード島に行った話を聞いたのが始まり。こんなにも素敵な少女が友達だったら、毎日が生き生きするんだろうなぁ。

2012/07/21

K K

素晴らしい!最高に幸せな気持ちになります。赤毛のアン、やはりいいですね。原作も久々に読もう。

2018/06/15

感想・レビューをもっと見る