読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

川のいのち

川のいのち

川のいのち

作家
立松和平
横松桃子
出版社
くもん出版
発売日
2002-04-01
ISBN
9784774306308
amazonで購入する

ジャンル

川のいのち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sui

小学校最後の夏休み。その時間が特別だと心の何処かで分かっているのか、晴れた日は時間を惜しむように川で過ごす悟と雄二。そして真人。こういう夏休みは一生忘れられない宝物だろうな。

2016/07/20

ムーミン

悠久

2017/11/20

Kaz

海・山ときて、川も読了。夏休みの少年の全力で生きる姿を描いた、前2作と一味違う作風。「いのち」テイストは少ないですが、いきいきとした文章には、心をひきつけるものがあります。

2012/10/23

小学生の頃のキラキラした夏休みを懐かしく思い出しました。

2016/06/06

ナハチガル

立松和平さんって文章上手いなあ、と思ったら作家さんだったんですね、失礼いたしました。テレビに出てくる文化人的な方だと思っていました。少しずつ、だが確実に目減りしてゆく宝石のような夏休みの日々、遊び相手のつもりがふと垣間見える自然の恐ろしさ、世界を征服したかとさえ思えた子どもにとっての英雄的な行為が、みっしりと詰め込まれている。水と光をとらえた絵も素晴らしい。A++。

2015/10/25

感想・レビューをもっと見る