読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちいさいわたし

ちいさいわたし

ちいさいわたし

作家
かさいまり
おかだちあき
出版社
くもん出版
発売日
2013-02-01
ISBN
9784774321134
amazonで購入する

ジャンル

ちいさいわたし / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

「ちいさいわたし」は、ちゃんとわかっている。今大きくてブカブカな服でもいつかはちょうど良くなることや、今出来ないでいる色んな事もいつかは出来るようになることを。”いまはそのとちゅうだもん”って言葉のリフレインがなんだか心地良い。でも「いつかは」が効かない、今じゃなくちゃならないこともあるってこともちゃんとわかってて、実際にこんなふうに達観してる3~4歳児がいたら、それはそれで素晴らしいことだと素直に思うし、そんなふうに考えられずにいる子には、「そっか」って気づきをもらえる絵本になるかもしれない。

2014/07/31

ぶんこ

絵がいいなと思っていたら、「いまは その とちゅうだもん。」の言葉に(そうだね)と答えている自分に気づく。いい言葉。喧嘩しても仲直りできるもん。(そうだよ)。おばあちゃんからのプレゼントの服の大きさに、おばあちゃんの大きくなあれの気持ちがこもっているようで微笑ましい。

2021/09/26

chiaki

大人がやってることや、姉がやってることをマネっこしては同じように出来なくて泣き出す次女に読み聞かせ。まだ出来ないこともいっぱいあるけれど、いつかは出来るようになるんだよ。今はまだその途中。焦らないでゆっくりね。そんな柔らかなかさいさんからのメッセージが岡田さんの温かい絵のタッチとともに心をふんわり包んでくれます。次女にもきっと届いたはず!

2020/10/31

anne@灯れ松明の火

隣町で。かさいさん大好き。岡田千晶さんの絵も素敵。「いまは その とちゅうだもん」の繰り返しに、うんうんと頷く。その繰り返しが止まったところが、またいい! 文字のない見開きのふたりの表情がとてもいい。ちいさい子どもは共感できるかな。案外、大人のほうが子どもの小さかった頃を思い出して、喜ぶのかな。

2016/12/04

パフちゃん@かのん変更

かさいまりさんの絵本。岡田千晶さんの絵もいい。小さな女の子の心がよくかかれている。ありがちな日常。友達とおもちゃのとりあいをしてけんか。仲直りしに自分から行けたのはすごい進歩だね。ようやって少しずつ大きくなっていくのかな。

2013/03/09

感想・レビューをもっと見る