読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おかめ ひょっとこ

おかめ ひょっとこ

おかめ ひょっとこ

作家
最上一平
陣崎草子
出版社
くもん出版
発売日
2015-01-08
ISBN
9784774323701
amazonで購入する

ジャンル

おかめ ひょっとこ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

リリー・ラッシュ

二度読みました。一度目はみねの苦労の重さに胸が苦しくなり、二度目、読み終えると胸が熱くなり涙が…。親からもらった愛情をしっかり胸に抱き、どんな時も笑顔を忘れない。苦労の多い人生を送ったみねにとって、両親からもらったおかめとひょっとこのおめん、そして笑顔が大切なお守りのように思えました。私もいつか最後のみねのような台詞を言える人生を送りたい。笑っていよう…。

2020/06/18

ヒラP@ehon.gohon

絵本大好き仲間に紹介しました。 どこかで読み聞かせしたいのですが、絵の怖さが気になって、なかなか実現できません。仲間からは、高齢者対象ならば大丈夫と言われたのですが…

2019/11/13

ヒラP@ehon.gohon

おもちゃ図書館で読み聞かせしました。大人の読み聞かせ。

2021/01/27

あおい

表紙の絵からおもしろおかしい話かと思ったら「みね」という1人の少女の一生の話でした。苦労も多く順風満帆ではなかったけれど懸命に真っ直ぐ生き抜いたみねの米寿の笑顔が素敵でした。

2015/05/28

ヒラP@ehon.gohon

貧乏という鬼、飢餓という鬼、悲しみという鬼、様々な鬼に苦しめられてきた生活に堪えられたのは、両親が作ってくれたおかめとひょっとこのお面でした。お面の泣き笑いがとても切なくて、米寿の祝いでみねが語る挨拶には涙腺が弛んでしまいました。

2015/09/30

感想・レビューをもっと見る