読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おしりどろぼう

おしりどろぼう

おしりどろぼう

作家
陣崎草子
出版社
くもん出版
発売日
2018-05-29
ISBN
9784774327709
amazonで購入する

ジャンル

おしりどろぼう / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

リコリス

「りっぱなおしりだからどろぼうにとられたらどうするの!」ってママが叫んだ冒頭に笑ってしまった。となりのページで走るかばくんの靴下がかわいい〜♡と読んで行くうちにかばくん本当にどろぼうにおしりを狙われます。えー??って思ってたけど、そう言われてみれば私もかばくんのおしりをクッションにして読書したくなってきて…困った(笑) ラストのとりくんちょっと上から目線なのがなんかドキッとした(笑)

2018/07/04

たまきら

「そんな素敵なお尻を見せびらかしちゃダメ!どろぼうされちゃう!」という新しい母の叫びにのけぞりました。そして、夫のお尻に見とれて子供のことを忘れる姿にも。7歳児の短パンで怒っているオトンですから、10年以内に似たような叫びが我が家に響くに違いない。大笑いしました。

2018/10/17

くぅ

おしりがぬすまれちゃうなんて…と半信半疑でみていた息子。おしりはとれないってことはわかってるようで、ちょっと興味なさげ。でも、最後まで読んでみるとかばくんが急いでいた理由に納得。「あぁ、よかった!よかったね!」と言っていました。(3歳5ヶ月)

2020/11/04

anne@灯れ松明の火

遠い方の新着棚で。表紙もタイトルもインパクト大! そして、陣崎さんのお名前も、確か面白い作品を読んだよな~と記憶にあった。記憶に間違いなし! 面白かった! 「パンツをはかないとお尻を盗まれる」とお母さんに注意されるカバくん。カバくんのお尻を見て、あれになりそう、これに使いたいと妄想する動物たち。一体、どういうオチをつけるのかと思えば、ああきて、そうきて、こうきたか~! 最後の最後まで楽しめた♪ まあ、読んでみて^^

2018/10/24

yumiha

何度も何度も「おしり、おしり」と出てくるので、もし読み聞かせをしたら、その度に子どもたちはわ~わ~反応して喜ぶだろうなあと予想した。ぽいんぽいんのおしり、とっても魅力的。どろぼうが欲しがるのも納得です。

2018/08/30

感想・レビューをもっと見る