読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ムカッ やきもちやいた

ムカッ やきもちやいた

ムカッ やきもちやいた

作家
かさいまり
小泉るみ子
出版社
くもん出版
発売日
2018-10-19
ISBN
9784774327761
amazonで購入する

ムカッ やきもちやいた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベーグルグル 2【春を感じよう 読書会】

転校生が自分の親友と仲良くしている事に嫉妬し、むかつく主人公るい。中に加わりたいし、そうすれば簡単だけど、その一歩が踏み出せない。あるよね、そんな事。どうなるかなぁと思ったけれど、ふとした時に振り返り、自分で解決が出来たのは偉いと思う。

2019/01/12

みつばちい

読友さんのレビューを読んで図書館で借りた。予約が結構入ってて、こういう友達関係の本は需要があるんだなぁと思った。 自分のモヤモヤした気持ちに気付いて、少しずつそれをなくしていけるこの子はすごい。みんなきっと味わったことのある感情だと思うので、機会があれば子どもたちに読んであげたい。

2019/04/09

ヒラP@ehon.gohon

やきもちってどうして生まれてくるのでしょうね。 やきもちで行動すると、どうして悪いことが起こるのでしょうか。 他人事だとその馬鹿馬鹿しさがよくわかるのに、自分のことになると勝手に生まれてくるやきもち。 でも、この本は、やきもちが消えたらスッキリすることを教えてくれました。

2019/01/01

たななこ

友だちに対する嫉妬の気持ちが「やきもち」であると認識して、自分の中で一生けんめい消化しようともがく様子に、誰もが、分かる分かる~って思うんじゃないだろうか。挿絵を見れば主人公の心が手に取るように分かるかも。3年生に読み聞かせ。約5分。

2019/02/02

ゆー

やきもちねー。わかる、わかる、そんな子供だったよ、私自身が。どこかで使えそう。かさいまりさん絵本、好きです。

2018/12/25

感想・レビューをもっと見る