読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大坂城のシロ

大坂城のシロ

大坂城のシロ

作家
中川学
あんずゆき
出版社
くもん出版
発売日
2020-12-08
ISBN
9784774331898
amazonで購入する

大坂城のシロ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《私-図書館》シロが、サチと出逢い。幸せに暮らしてたのに、大坂城で飼う虎の餌にする為に、シロは連れていかれる。そこで、帰りたいシロは、虎と戦い倒す。しかし、深い傷を負うシロ。救ったのは、安吉。安吉は、サチの元にシロを連れて帰る。幸せになれるといいなあ。

2021/06/17

サラサラココ

小2。2020年12月刊。秀吉がいた頃の歴史エンタメ?ふりがなは一部だけど字は大きい。当時の生活を想像してしまう。読後感はよい。

2021/01/20

きいろ

児童書 秀吉の虎のエサになりかけたシロ、助かって良かった~

2021/01/03

内容的に小学校中学年向きか?字が大きいのですぐに読める。昔は、その日その日を生きていくのがやっとで、動物のことなんてかまっていられなかった。今がどれほど裕福な時代か分かる。そんな時代に大事な食べ物を落としてしまったサチに「芋は落としたけど犬の命を拾った」と言うお父さんが素敵。大阪市で言い伝えられている話を題材にしているのが興味深い。

2021/04/19

ちかこ

大阪城の虎に、餌として檻に入れられた犬が戦って、自分も死んでしまったが虎を倒したという言い伝えをベースにした物語。飼い犬と人間の温かい物語で、歴史エンタメとは違った。

2021/08/05

感想・レビューをもっと見る