読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

星の王子さま

星の王子さま

星の王子さま

作家
サン=テグジュペリ
ドリアン助川
出版社
皓星社
発売日
2016-12-03
ISBN
9784774406268
amazonで購入する Kindle版を購入する

星の王子さま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

「何百万もある星のなかで、たったひとつの星にしかない花を愛している人がいたとしたら、その人は星空を見るだけで幸せな気持ちになるよ…」■四六判くらいのソフトカバーで、文は縦書き。それだけ聞くと期待薄めですが、パール掛かったカバー、カバー袖の星々、黄色い表紙、扉絵のポップなコラージュ、ソフトカバーながらも糸綴じで開きも良く、行間と余白が広くすっきりとした頁、…と、装丁が軽やかで素敵です♪ ドリアン助川の訳は、読みやすく、また、日本語としてのリズムが良いのが流石ですね。(1943年、2016年訳)(→続

2019/12/31

歳を重ねるにつれて、大切なことがどんどん目に見えなくなっている気がする。この本を読むたびにそんな自分に気づいて悲しくなってしまう。でもその大事なことを、この小さな王子さまに教えてほしくて、これからも何度もこの本を手に取りたいと思うのだ。心に染みる言葉やエピソードがいっぱいあるけれど、キツネとの会話が本当に本当に好き。大切な人との繋がりって、こうやって日々の中で少しずつ少しずつ育まれていくんだね。そして、王子さまとの別れはいつも泣いてしまう。これまでとこれからの出会いと別れ。そのすべてに感謝の思いを馳せて。

2020/12/31

yumi✽.。.:*

今回はドリアン助川さんの訳で読む。とても優しく、訳者がこの本をとても大切にしていることがわかる。途方に暮れる広い世界から、かけがえのない世界になって、笑いかけてくれるようになる、星の王子さまの魔法。一輪のバラ、キツネ、砂漠の井戸、星空。

2021/01/18

おおたん

恥ずかしながら、初読みです(^^;; 最初は、物語テイストの自己啓発本なのかな!?と思いながら読み進めていました。途中から、なんだか悲しくなり、訳者のあとがきに著者のについて読むと、そうではない事がわかりました。戦争という背景に、何が大切なのか?などを伝えてくれる本なのかな?と思いました。深いというか、まだ理解度が足りないように感じ、再度、読み直したいと思う本です。

2020/04/15

kikiみみ

星の王子さま祭り。お話として読みやすいから意訳になるのだろう。わかりやすく訳してあるが、会話文に今どきな表現があったり、王子さまが出会う人々が日本独特の方言で話したりするところが残念。(おそらくここが助川さんらしいのだろうけど)あとがきは王子さまの世界を解説してあり良かった。たくさんの「星の王子さま」が出版されている。どれも同じ話なのにどれもどこか違う。なかなか楽しい「星の王子さま祭り」だった。

2019/04/22

感想・レビューをもっと見る